自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤倉観光ホテル (散策編) 思い出のアルバム
2012年11月14日 (水) | 編集 |
「思いでのアルバム」

い~つの~こと~だか~~
思い出してご~らん~~
あんなこと~こんなこと~
あ~った~でしょ~~

6月のこと~です~思い出してご~らん
あんな~こ~と~~
こんなこ~と~~
あ~った~でしょ~~


のんの頭は大丈夫です~

赤観シリーズのラストとして、あまりの綺麗さに撮りまくってしまった散策時の画像を
「思いでのアルバム」として宝箱詰めておきたいと思います




入口を出て左から、前庭に出ました
P1090586.jpg



入口を出て駐車場を見上げると、冬の寒さで曲がった白樺達が見えました
P1090601.jpg



赤観の看板
P1090585.jpg
りっぱな木作りは赤観らしいです



建物入口側から、前庭にクルンと回る辺りの景色です
P1090567.jpg



クルンと周り前庭に出たところで建物をパチリ
P1090568.jpg



そして、敷地内のガーデンは、
しらかばガーデン・ハーベストガーデン・オークリバーガーデンの3か所あるようです。

坂(ゲレンデ)を少し下ってパチリ
P1090569.jpg
手前に見えるのは、リフトですよね~



もう少し下るとハーベストガーデンです
そこには、ベジタブルガーデンがあります
P1090575.jpg
ここで栽培したものを、レストランで使用しているようです



また、ハーブガーデンもありますよ~
P1090574_20121107230443.jpg
ラベンダーに見えます



こんなかわいいお花も~
P1090576.jpg



ズ~~ム
P1090577.jpg
ピンクの花びらに、オレンジのおしべ
造花みたいに綺麗ですねっ



結構急な流れの小川もあります
P1090573.jpg



飲めそうな位、とっても綺麗なお水です
P1090579.jpg
妙高山からのお水でしょうね~



ベジタブルガーデンとハーブガーデンがある、ハーベストガーデン側から
川を渡る

たぶん、ミズナラの木というエリアここにもかわいいお花が咲いていました
P1090570.jpg



ズーム
P1090571.jpg
6月でしたが、綺麗なお花がたくさん咲いていて
青空と、芝生と、赤観の建物とのコラボがとっても素敵でした



その頃温泉公方は、木の下でのんびり
P1090572q.jpg
結構遠かったので、ズ~ムして撮りました


また、画像はありませんが、ミズナラの木のエリアの下には
イタヤカエデの木がある、オークリバーガーデンがありますよ~




ちょっと遠くから、かわいい建物をパチリ
P1090580.jpg
その時々の雲にも反応してしまう絶景でした



下を見下ろすとこんな感じです~
P1090581.jpg
真ん中右下に見える赤観リゾートの入り口迄、かけ降りたくなりました
かけっこ出来ない事忘れちゃって~~~



それでは、少しずつ戻ります
P1090582.jpg



建物 表 正面近くをパチリ
P1090583.jpg
ここに写るこの坪庭のような可愛らしいお庭がもうひとつのガーデン
しらかばガーデンです
ちょうどこの上辺りが、前記事でご紹介したカフェテラスです



ズ~~ム
P1090584.jpg
広い敷地なので、カートで移動しながら、お庭の手入れをするスタッフさんを見かけました
手入れが行き届いている、気持ちいいお庭で
連泊の真ん中の日、お昼寝なんか出来たら幸せでしょうね~~




のん達は、建物のほんのちょっぴり下迄しか散策していません
ちょっと足を伸ばすとわさびガーデンや妙高山の守り神の「山の神」
そして、香澄の滝というマイナスイオンたっぷりの滝もあるそう
です

次回、行ける頃には、もう少し元気になっていると思うので
もう少し足を延ばしたいと思います



これでやっと、赤倉観光ホテル~完結です~~
長い期間お付き合いいただきありがとうございました



次回の御宿のご紹介は、先日久しぶりに行けたお泊まり温泉
そこは、ず~っと憧れていた御宿でした
そちらを先にアップ
したいと思います
(結局その前の御宿達はお蔵入りでしょうかね~
いやいやお泊まり温泉の回数が少なくなっているので、1軒でも多くアップしたいとは思っていますよ~

その御宿
我が栃木の御宿です
温泉街ではありません
大浴場はありません
高級御宿に泊まり歩いている方も絶賛する御宿です

さ~どこでしょう
Pさんちの御宿当てのマネっこみたいですが
アップはまだ先になると思いますので、その間、皆さん当ててみて下さい




赤倉観光ホテル HP
スポンサーサイト
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
赤倉観光ホテル カフェテラス チョッピリ+α
2012年11月13日 (火) | 編集 |
赤倉観光ホテル カフェテラスのご紹介です

赤観のカフェは、斑尾山や信州の山々、野尻湖を一望できる落ち着いた雰囲気のカフェテラスです

営業時間は
カフェ営業時間 9:30~17:00
売店営業時間 9:00~18:00
です



今回の一休マーケットに、こちらのケーキセットがついていたので、
12時にチェックアウトをして、その足で行ってみました

普通に注文するとケーキセットは1000円

フルーツロールケーキ・アップルパイ・モンブラン・プリンなどがらチョイスできました。

屋内でケーキとコーヒーか紅茶を選び注文してから
いよいよテラス席に~~~



じゃ~~~ん
P1090592.jpg
出た瞬間「わ~~~」と自然に歓声をあげてしまい
その後、しばらくうっとりと景色に見とれてしまいました



ズ~~ム
P1090594.jpg
この景色を見ながら、ゆっくりとお茶を飲んだり、軽食やスウィ―ツをいただく事ができますよ~



テラスを入って左側をパチリ
P1090593.jpg
赤いパラソルの向こうには新館アクアテラスの水盤がチラッと見えていますね~
その向こう側には、絶景
また、屋根の下なら、日焼け防止になりそうですし、ちょっとした雨なら大丈夫かもです
そして、室内にもお席がありますので、お天気が悪い時等も安心です



のん達はもちろんパラソル席に~
P1090595_20121108162436.jpg



温泉公方がお願いした「モンブラン」です
P1090596.jpg
大きな栗が、マロングラッセのように美味しく
マロンクリームも栗たっぷりっていう感じで、美味でございました~~



のんがお願いした「フルーツロールケーキ」です
P1090597.jpg
いつもだったら、モンブランを食べていたと思いますが
美味しいフルーツロールケーキを食べた事がなかったので、こちらにしてみました 
フレッシュ完熟メロン等、色々な種類の美味しい生のフルーツが入っていて
とっても満足なケーキ
でした


どちらのケーキもボリューム満点でしたしね



ドリンクは、2人共「アイスコーヒー」にしました
P1090598.jpg
あまり苦みや酸味が強いと苦手ですが
香りが良く美味しいアイスコーヒーでした



赤観のカフェテラス、素敵でしょ~

この景色の中
ゆったりしたテラスで、ボリュームたっぷりの美味しいケーキをいただきながらティータイム


これで1000円は、リーズナブルかもです
そして、繰り返しますが、のん達は、一休マーケットでサービスです




また、こちらのカフェは、ベーカリーのパンや地元の特産品を取り扱っている売店が併設されています
こちらで、朝新聞が入っているかわいい赤観布バックも売っていましたよ~

のんはこれを買いました
P1090600.jpg
なかなか行けない赤観なので、良い思い出の品になりました



振ると、雪が降ります
P1090664.jpg
一目ぼれして、布バックは我慢してこちらを買いました



P.S
話しはとびますが、フレンチレストラン「ソルビエ」の近く
こんなミニバーがあり気になりました
P1090436.jpg
アクアテラスもモダンな雰囲気でとっても素敵ですが
こちらも、伝統を守る赤観の雰囲気にぴったりの落ち着いた雰囲気のバー
ではないかと思いました
やっているのですよね~
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
赤倉観光ホテル (朝食編)
2012年11月08日 (木) | 編集 |
赤倉観光ホテル 朝食のご紹介です

朝食は、和食と洋食から選ぶ事ができます

普段のお宿で和食が多いのと、やはり、リゾートホテルなので、初回は洋食かなとも思い
朝食は洋食を選んでみました


洋食は、夕食と同じ「ソルビエ」でいただきます

時間は、7時~9時半で
夕食終了時に、何時が良いか聞かれ
のんは、寝坊防止の為にも、いつも一番早い時間でお願いしているので
今回も、7時でお願いしました


そして、一番乗りで行くと~
なんと窓際の席に案内されました
ラッキ~~~~

景色はこんな感じです~
P1090566.jpg
朝日がサンサンと入ってきて、上手に撮れていませんが
お天気に恵まれ、気持ち良い朝景色でした
しかし、その代償として、朝日で画像がたいへん見づらくなってしまっています
我慢していただき、お付き合いいただけたらうれしいです



朝日がまぶしいテーブルをパチリ
P1090547.jpg
まぶしいですが、とっても気持ち良かったです
朝日を浴びると、健康にも良いのですよねっ



メニューです
P1090544.jpg
朝食は、「ヘルシーブレックファースト」と
「アメリカンブレックファースト」から選べます

どちらも食べてみたいので
のんが、「ヘルシーブレックファースト」
温泉公方が「アメリカンブレックファースト」をお願いしました



始めに、ワイングラスのようなオサレなグラスにお水が注がれました
P1090548.jpg
木の枝とつるで出来たこれまたおしゃれな器の中には
色々な種類のジャムが入っていました

そして、左の器に入っていたのは確か「りんごジャム」だったと思います
(違っていたら教えて下さい



ズ~~ム(迄して不確かでごめんなさ~い
P1090553.jpg



程なく
コーヒーと紅茶から2人とも選んだコーヒーも注がれました
P1090549.jpg
パンと一緒にいただくので、大きめカップがうれしいです



御満悦な表情の温泉公方ちゃんをパチリ
見せられないのが残念です
P1090550s_20121031121706.jpg
そして、窓の景色を見て下さい
まるで絵画のようじゃありませんか~



飲んでいるのは白ワインではなく、お水です
P1090451_20121029070714.jpg
12時チェックアウトですが、運転の温泉公方は飲めないので、アルコールは我慢しました
湧水をろ過したお水は美味しいですよん



それではまずは、どちらのブレックファーストにもつくものから

ジュース
です
オレンジ トマト グレープフル―ツ りんごから選びます
温泉公方がグレープフルーツ
のんが、りんご
にしました
P1090552.jpg
のんも出来れば大好きなグレープフルーツを飲みたいところですが
薬の効果が強まってしまい副作用が大きく出る事があるため、グレープフルーツは禁止なんです
昨年の、11月から飲んでいません
早く飲みたいな~~



フルーツと、妙高市淡雪ヨーグルトです
P1090561.jpg
ヨーグルトは、地元妙高市にある「有限会社クビキ酪乳」のものだそうです
地元のスーパーや道の駅でしか手に入らない逸品だそうです



フルーツにズ~~ム
P1090562.jpg
キウイ パイナップル オレンジ さくらんぼ 皆完熟で甘くもっと食べたかったです~



スモールサラダです
P1090551_20121107223257.jpg
新玉ねぎのドレッシングだそうで、ネギ好きののん達は美味しく美味しくいただきました
このドレッシングなら、た~くさんお野菜が食べられそうです



そして、のんがお願いした「ヘルシーブレックファースト」のメイン
スチーム野菜と上越なごみ豚のハム添えです
P1090560.jpg
スチームは、軽めで、柔らかすぎず、素材の味がいきていました
カリフラワー ブロッコリー ズッキーニ スナックエンドウ ミニキャロット パプリカ
そして、パプリカの下には、根菜(
なんだろう
も隠れていましたよ~
スチームきのこさんもヘルシーですね
そして、これらを右上に写る村上市笹川流れの藻塩でいただきました
こういうお塩は、確かにしょっぱいだけでなく味がありますよね
上越なごみ豚のハムは、広げるとけっこう大きく良い香りで旨みたっぷり、美味しかったです



またこの他にトースト デニッシュ クロワッサン バターロールから選べるパン又はホットケーキが付き
のんは、クロワッサンをお願いしましたが、画像を撮るのを忘れたようです

また、今思うと、クロワッサンを1個しかいただきませんでしたが、お願いすれば、他の種類のパンのおかわりもできたのかもと思い、ちょっぴり後悔しています
なにしろ慣れないので、おかわりは頭に浮かびませんでした



続きまして、温泉公方がお願いした「アメリカンブレックファースト」のメインです

卵料理は、フライ スクランブル ボイルから選べるそうです
また、多少時間がかかるそうですが、オムレツやポーチドエッグもできる
みたいです

そして、上越なごみ豚も、ハムとベーコンから選べます

温泉公方は、スクランブルエッグとベーコンを選びました

スクランブルエッグと上越なごみ豚のベーコンです
P1090559.jpg
洋食の定番メニューですが、一流のシェフが作ったスクランブルエッグは、フアフア柔らかでクリーミー~~
やっぱりのんが作ったものとは違う美味しさがありました
ベーコンは、ハム同様、香り豊かで味が濃い感じだったと思います



のんのスチーム野菜と上越なごみ豚のハムをプラスして豪華に~~
P1090563.jpg
そうそう
スクランブルエッグの下にパンが敷いてありました
のせた状態でいただくと美味しそうですね



トースト デニッシュ クロワッサン バターロールから選べるパン又はホットケーキから
温泉公方が選んだホットケーキです
P1090554.jpg
大きなバターとたっぷりのシロップをかけていただきます
のん、これも食べたかったです~~



どちらも、レストランメニューとしていただくと¥2800です
そんな豪華な朝食は、食べた事がない気がしますが
普通のお宿の朝食も、宿泊料金から、御値段をつけてみると、結構な金額になるのではないでしょうか~


赤倉観光ホテルは、宿泊料金もハイクラスってイメージですが
フレンチをレストランでいただくと、結構な御値段しますし
施設の充実度とかを考えると、コスパ的には、そんな悪くないのではと思います

あくまでものんの感想で、感じ方は色々ですがね~

のん達の一休マーケットさんの場合
チケットが14250円でしたので
フレンチのディナー&オサレで高級なブレックファーストの料金を考えると、素泊まり宿泊費は、へたすると一般的なシティーホテルよりお安い計算になり
平日宿泊の方は、2450円で素泊まり宿泊出来る計算になりますかね
いやっ
カフェでのケーキ&ドリンクがつきますから1450円での宿泊の計算ですね

ホント、一休さんに感謝です
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
赤倉観光ホテル (夕食編)
2012年11月01日 (木) | 編集 |
たいへんお待たせいたしました
赤倉観光ホテル 夕食のご紹介です

今回は、一休マーケットでの宿泊で、夕食は、フレンチ限定でした
他に和食もありますが、まずは、フレンチが食べたかったので良かったです



場所はフロント近くにあるメインダイニングルーム「ソルビエ」でいただきました
P1090437.jpg
こちらのフレンチは
フランス料理アカデミー会員の料理長がつくる、伝統的な手法のお料理だそうです。
また、数々の内外の賓客の方々を、格調ある雰囲気と正統フランス料理でおもてなしをしてきたダイニングルームで、極上素材の味わいが活きた本格フレンチだそうです。

地元の新鮮な野菜や自然の恵みの山菜等…厳選された素材を使い、湧き水とともに趣向をこらしたすばらしい料理に仕上がっているそうです。

そして、のん達
もともと、どちらかというと、ストライクゾーンが広く、美味しい美味しいって食べちゃう方だという事に加え
こんな伝統ある正統フレンチは、ほとんど食べた事がない
ので
いくら味の好みは千差万別とはいえ、とても自信がなく、間違った伝え方をしてしまうと申し訳ないので
今回は、1品ずつの味の感想は、極力控えたいと思います

召しあがった事がある皆さんは、フレンチ慣れしている方も多いと思いますので
どうぞ、感想をドシドシお寄せいただければと思います

また、照明が暗めなので画像も暗めになっちゃっていますがお許しいただきたいと思います



レストラン内はこんな感じです
P1090555.jpg
木製のシャンデリア風照明が、山岳リゾートホテルっぽくて素敵じゃないですか~
この画像は、朝撮ったものなので、朝日がサンサンと入っていますが
夕食時は、ちょっと暗めで落ち着いた雰囲気でしたよ~



メニューです
P1090438.jpg
入口にも同じメニューが出ていて
宿泊客以外の方や、夕食がつかないプランの方も食べる事ができるメニューです
ちなみに、料金は¥9000です
オープン時間は
ご朝食 7:00~9:30(L.O.)
ご昼食 12:00~13:30(L.O.)
ご夕食 18:00~21:00(L.O.)
です



着席時のテーブルセッティングです
P1090439.jpg
テーブルクロスもナプキンも真っ白
伝統的正統派フランス料理って雰囲気を、醸し出している感じじゃないですか~



上の画像のテーブル左上にズ~~ム
P1090441.jpg
食卓花はもちろんかわいい生花
そして、銀製の器がやっぱり一味違います



本日のシェフ特製オードブル
「帆立ナージュスープ仕立て 海老のエキスソース」です
(メモ通り書きましたが合ってますかね
P1090443.jpg
さすが帆立が厚っこくて、柔らかでした
ほうれん草、香草、細かく刻んだきゅうりと野菜もたくさんでヘルシーでした
また、ヌルヌルの山菜も入っていましたよ~
地元の山菜でしょうね~
海老のエキスのソースなので、コクがあって美味しかった記憶です

ナージュがわからなかったので、説明をペタリしておきます
ナージュとは、水にセロリ・ニンジン・タマネギなどの香味野菜、それに白ワインを加えて煮出したた茹で汁に、魚やエビなどの魚介類や甲殻類をさっと入れて煮た調理法を言います。
牛角その煮汁に生クリームやバターでつないでソースにし、魚が泳ぐぐらいにたっぷりと添えるフランスの家庭料理である魚料理のことも、ナージュと言います。
ナージュは直訳すると、フランス語で「泳ぎ」という意味です。煮込むことによって魚の生臭さを消し、スープに食材の味を移せるのがナージュの利点です。




スープは、本日のクリームスープとコンソメスープから選べます
2人共、クリームスープが好きなので
本日のクリームスープ「コーンクリームスープ」
にしました
P1090446.jpg
「これが、伝統を守る正統フレンチのコーンスープなのね~」と
しっかり味わいいただきました
コーンスープは、好きなので飲む機会が多いですが、
味、濃淡等… 
お店によって個性を感じます

美味しくいただきましたよ~

そして、食器は、すべてこの柄で揃えてありました
「ノリタケ」製のホテルオリジナルだそうです
モミの木と山は妙高山でしょうか



パンです
フランスパン が柔らかな連結パンです
P1090447.jpg
このパンは、ホテル内のベーカリーで、パン職人の方が朝早くから手作りしています
その様子はカフェテラス横にあるベーカリーの窓から見ることができます
朝食で使う分、予約分、そして売店分と順に焼き上がるそうで、売店に焼きたてのパンが並ぶのは10:00くらいになるそうです

連結パンはコブがつながったような形のパンだそうで、これは、コブごとに割って出されているようですね



おしゃれな器なので、バターもパチリ
P1090444.jpg



おかわり~
もちろんいただきました
レーズンパンとくるみパンです
P1090448.jpg
ハード系のパンで、外はカリっと中はしっとり
焼き立てのパン、美味しかったですよ~



お薦めの岩の原ワイン
まずは、
P1090451.jpg
地元産のワインだそうです



日本海産 真鯛のソテー バスク風グラタン
P1090450.jpg
「バスク風って何だろう」って調べてみました
フランス・スペイン国境にあるバスク地方の様式のものみたいです
美食地帯として有名だそうで、ミシュランで星がつくレストランが沢山あるそうです
バスク料理はスペイン料理より、ソースを重視しているそうで、一般的に赤・緑・黒・白の4色があるそうです。
そしてそのソースの種類はというと、赤は赤ピーマンから、緑はパセリ、黒はイカ墨、白は油とダシを乳化させたものだとか。
これらのソースに大西洋のお魚を組み合わせた物が伝統的なバスク料理なのだそうです
フランス料理でのバスク地方のスタイルの料理をバスク風というらしいです
にんにく・ピーマン・トマトなどを用いる料理が多いそうです

このお料理は、真鯛にトマトとチーズのグラタン風ソースがかかっていて、周りにはパセリのフライもトッピングされていました
キレイですね
ホワイトソース好きののん達にはうれしいお魚料理でした



ワインのおかわりは~
岩の原ワイン マスカット・ベーリーAです
P1090440.jpg
ワインの味は、まったくわからず、デザートワインのあま~いのが好きだったりするのん達ですが
最近やっと、お食事と、甘くないワインの組み合わせの美味しさがすこ~~しだけわかってきた気がします



サラダです
P1090452.jpg
ドレッシングは、フレンチドレッシング
黄色いパプリカやラディッシュ、紫キャベツ等で、色どりも鮮やかですね
そして、きゅうりの飾り切りだけでも一味違うかも



お肉料理は、2種類から選べます
のん達は、2種類お願いしました

こちらは、のんがお願いした
黒毛和牛のフィレステーキ デュクセルソースです
P1090453.jpg
付け合わせの、地場産カリフラワー&ブロッコリーは、大きめにカットされていて素材の美味しさを感じました
柔らかいフィレ肉、久しぶりに食べました
そして、デュクセルソースってきのこのソースなのですね
またひとつ勉強になりました
エシャロットと、玉ねぎも入っているそうです
ネギ系大好きです



こちらは、温泉公方がお願いした
ニュージーランド産 仔羊のシェリービネガーソースです
P1090454.jpg
ラム肉は、食べ放題の初ジンギスカンで、臭いが強いものを食べてしまって以来のんは食べていませんでしたが、
臭いもあまり気にならず、実質初めてラムを味わいました
でも、あの臭いも、慣れると美味しいのですか~
それとも、臭わないラム肉もあるのですか~
今度、美味しいジンギスカンも食べてみたいです(蔵王のお宿が浮かびました



途中、夕暮れ時の窓側をパチリ
P1090456.jpg
こんな雰囲気です
窓際でなかったのが残念です
良いお部屋(新館)の方が窓際なのですかね~



デザートは
蜂蜜のムースです
P1090457.jpg
オレンジのかわいい点点は、マンゴーソースです
ほのかに蜂蜜の香りがして、下に敷いてあるアーモンドも香り豊かでした
身体に良さそうな美味しいムースでした
甘甘のフレッシュフルーツもうれしいですね



飲物は、コーヒー紅茶から選べます

2人共、ホットコーヒーにしました
(アイスにもなるのでしょうかね~
P1090458.jpg
普段は、ブラックで飲む事が多いですが
こういう美味しい生クリームの時は、たっぷり入れてカフェオ―レ状態で飲むのん達です



ホテル名入りだったのでお砂糖もパチリ
P1090455.jpg



赤倉観光ホテルの夕食
いかがでしたか
口コミを見ると、味の好みは人それぞれという事で、千差万別な意見があります(赤観さんごめんなさい

のん達は、こんな9000円もする伝統を守る正統派フランス料理など、外食としては、たぶん食べる機会もそんなにないだろうと思い、味わいおいしくいただきました

ごちそうさまでした



次回は、朝食をご紹介する予定です
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
赤倉観光ホテル (貸切家族浴室 編)
2012年10月23日 (火) | 編集 |
パソコンの件では、お騒がせいたしました
そして、改めてメルアドを連絡下さった皆さん、お手数をおかけして申し訳ありませんでした

パソコンはですね
再セットアップしなくてはいけなくなり、顔文字も出ないパソコンになってしまいました

そして、パソコンに関しては、まったくの素人で何もわからないので
また、一から積み重ねていくしかないです



それでは、気を取り直して
赤倉観光ホテルの貸切家族浴室をご紹介します

場所は本館にありますが
P1090373.jpg
2008年12月リニューアルされたそうです
そして、料金は、嬉しい無料です
有料の所も結構あるので、温泉好きとしてはホントうれしいです


しかし、端の方のわかりづらい場所ですし、フロント等での特別なアナウンスもないので
知らないで終わる方もいらっしゃるのではないか
と思います
本館編(クリックでとべますでご紹介した
木のスキー板や、赤観の歴史他を展示しているギャラリーがある所にありますよ~

のん達は、もちろん楽しみに訪れ、予約制なので、いっぱいになってはたいへんと
チェックインして御部屋案内が終わると同時に、予約を入れにいきました
しかし、まだ予約が入っていたのは一組のみ
結局、朝も予想外に混む事なく予約は取りやすかったです
また、後で知ったのですが、予約表にない時間は、自由に入っていいみたいなので
夕食後、爆睡してしまい、大浴場に入れなかった時間
知っていたら家族浴室に入れたな~と、ちょっと残念に思いました



全体画像がありませんが
脱衣所です
P1090374s_20121023115813.jpg



家族浴室なのに
バスタオル フェイスタオルもこんなにたくさんありました
P1090375.jpg



備品も、不自由なくありましたよ~
P1090388.jpg
女性用の、スキンケア―用品は、大浴場編で、みみんさんに教えていただいた「松山油脂」のもののようですね
そして、男性用は台にポーラって書いてあるようですが
また、画像がありませんが、シャワーキャップ ブラシ 等、その他のアメニティーも揃っていましたよ~ 



壁には、温泉についての説明がたくさん掲げてありました

1枚目~
湯の花(華の字使ってますの説明ですね
P1090383.jpg
ほ~~
湯の花って、温泉に溶けきれずに沈殿するミネラル成分だったんですね~
大好きな割には、細かい事を知らないおバカなのんです



2枚目~
赤観の源泉の説明ですね
P1090384.jpg
クルック+しても見づらくてすみません



上の貼り紙の下の部分
温泉分析書 左半分です
P1090385.jpg
北地獄谷から引いている
自然湧出及び掘削自噴の湯で
湧出量は、毎分2047ℓ
です



温泉分析書 右半分です
P1090386.jpg
カルシウム・ナトリウム・マグネシウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉(中性・低張性・高温泉)です(長い~
成分はあまり気にしないのん達ですが
美肌になるメタケイ酸も結構入っている女性にもうれしい温泉ですね



湯殿です
P1090376.jpg
外の景色は、見られませんが、こじんまりして落ち着く、清潔な湯殿でした
景色を見るなら、大浴場です~~



ズ~~ム
P1090387.jpg
扇型の浴槽は、湯口を見ながら、ゆ~っくり入れました
手前の縁から、掛け流しになっています



大きさは、こんな感じ
P1090381_20121031120957.jpg
大人だと3人なら、ゆっくり入れますかね



湯口です
女性露天と同じものですが、チョコレートファウンテンみたいって方、多しです
P1090378.jpg
肝心な湯ですが、狭い湯船に結構な量、投入されているので
大浴場より、少し温度も高めですが、湯の花ウヨウヨ鮮度も良さそうで
とてもいい湯
でしたよ~



洗い場です
P1090377.jpg
位置は、脱衣所の出入り口を開けると
正面に、湯殿
左側に、洗い場
があります
画像に写る右の柱の右側が湯殿です
洗い場は、この背中側にもう1ヶ所あり
仕切りがあるので、湯殿と独立した形ですし、贅沢な作りではないかと思います
備品も、部屋風呂、大浴場と同じクラランスのボディーソープ シャンプー コンディショナー 
そして洗顔料も完備

また、普通の石鹸もあり、時々いらっしゃる石鹸好きの方にはうれしいですね



良い湯、ありがとうございました

テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。