自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平   (食事編)
2012年03月01日 (木) | 編集 |
昨年の夏に訪れた、中尾平

食事編が未アップ
美味しさのあまり
「牛 冬瓜のスープ」の画像を撮り忘れbanさんにいただいてあった画像を下書きに保存したまま放置
となっていました



美味しかったのは間違いありません何しろその後の激動もあり、記憶が

と、言うことで、メニューにちょっぴりメモしてあったもののみの感想ですが完結したいと思います

手作り美味しい中尾平のお食事は、お気に入りの方々が大勢いると思いますので、今回、参加型として、感想を追記して行きたいと思いますので、奮って御参加くださ~~い
(追記の場合お知らせくださいね



それでは、今回は、ちょっと遠いですよん

 「中尾温泉 山の旅舎 中尾平 」
昨年夏までタイムマシーンでレッツゴー



お食事は、朝夕とも、ダイニングルームでいただきます
P1050605_20120229123309.jpg



もう1枚
P1050750.jpg
手前にもう1組お客様がいらっしゃったので、奥の1枚ですが、
こんな感じの木のぬくもりたっぷりの素敵な空間でした



お~~きな絵画も飾ってありました
P1050749.jpg
奥のお山は、焼岳かな~



まずは夕食から~



着席時の全体画像です
(あらっお箸がころがってますね~失礼しました
P1050708.jpg




それでは、ズ~~ム(うわっ久しぶり~

前菜 右から
「稚鮎甘露煮 葉わさび醤油漬け ふきのとう味噌クリームチーズ和え」 
P1050714.jpg
稚鮎甘露煮は、山椒の香りがほんのり効いてました
葉わさび醤油漬けも、葉わさびの香り豊かで美味しかったです 
ふきのとう味噌クリームチーズ和えは、ふきのとうに負けない味噌味もしっかりしたネットリウマウマの1品で、これ好きです~ 



そして、ドリンクは「シャンパン」
P1050707.jpg
温泉公方のお誕生日プレゼントとしての企画と話したところ
飲みやすい、美味しいシャンパンをご用意していただきました
ありがとうございました



「かわいいグラス」もパチリ
P1050709.jpg



煮物 「こも豆腐 つくね 大根」
P1050710.jpg
素材の味が生きている薄味で、のん達の好みの味付けでした
こんにゃく、人参、さやえんどうと彩り豊かで盛り付けも綺麗
一味違いますよね~

 こも豆腐って飛騨地方に伝わる伝統的なお豆腐なんですね
うちの方の木綿豆腐よりちょっと固めのお豆腐でした




とうもろこし豆腐
P1050711.jpg
とうもろこしのお豆腐は初めてのお味でしたが、ポタージュ味のような美味しいお豆腐でしよん
(のんの感想です



豚ロースおろしポン酢
P1050712.jpg
さっぱりお肉にポン酢のジュレが絡んで、美味でした~
ジュレって最近ポピュラーになってますね
うちはまだ購入した事がないのですが、絡んで美味しいだけではなく、お料理のおしゃれさも増す気がするので
今度家でも使ってみようと思います


ここから、後出しです


牛 冬瓜のスープ
338688_1317140855.jpg
これ~
一言ですが美味しかったです~
レンゲで簡単に切れる柔らかさでした
そして、「美味しいね」っていただいてから、画像の撮り忘れに気が付きました
という事で、こちらの画像は、banさんにいただきました
ありがとうございます
中尾平のたぶん1番の常連さんではないかと思うbanさんは、みんなの掲示板にも画像をお寄せいただいていますが、た~~くさんの画像をお持ちです~



揚げ茄子南蛮
P1050713.jpg
揚げ茄子、大好きです
ミョウガがアクセントとなりまたまた一言
美味しかったです~~



ここで冷酒をいただきました

メニューです
P1050716.jpg
うちは、意外に純米大吟醸と純米を飲み比べた時、純米が好みの事が多いので、
純米をいただいた気がします



飛切 純米酒 
P1050715.jpg
記憶では、癖のない呑み口だったと思います



飛騨牛ローストビーフ
P1050717.jpg
美味しいと有名なロースとビーフ
やっと食べられました
レア感もちょうど良く
写真だとわかりづらいですが、厚っこくて凄いボリュームでした
でも柔らかジューシーなのでぺロッといただき、まだ食べられそうでした



枝豆の落とし揚げ
P1050720.jpg
しんじょうって、なかなか家では作れないのでうれしいですね
真ん中の付け合せは、「ししとう」かとと思ったら
あまながピーマン」というピーマンだそうです



岩魚笹焼き
P1050723.jpg
おなかにお味噌入っていたかな~
この頃になったら、中尾平のT君が、うちの温泉公方をたいへん気に入ってくださって
お手伝いの手も止まり、家のテーブルですごしていたため、余計に記憶が飛んでます
お味噌、入ってました。(banさん情報です)



2人はちょっとお顔も似てました~
T
(T君、ブログでは顔出しですが、一応ボカシ入れました~



漬物 飛騨牛のしぐれ煮
P1050724.jpg
塩分控えめの手作り漬物
これだけでご飯いけちゃいますよね~
 そして、ban情報により白い器の飛騨牛のしぐれ煮は、追記です
中尾の隠れた逸品だそうです

甘辛の手のかかったしぐれ煮だったのを思い出しました
のん、自信なくてスルーしちゃってました






ご飯
P1050725.jpg
木製小ぶりのかわいいお櫃なので思わずパチリしました




お吸い物
P1050726.jpg
クリックしたら
具は、お豆腐、シメジ、ミョウガにミツバでしょうかね~



デザートもつきましたよ~

ヨーグルトシャーベット
P1050727.jpg
もちろん別腹です~
さっぱり美味しくいただきましたよん





今回は、朝食も一気にアップしちゃいます~~




着席時の全体画像です
P1050740.jpg
朝食は、メニューがないのでより画像中心でお許しを~



手作り浅漬け&きゃらぶき
P1050741.jpg
きゃらぶき、ご飯がすすんじゃいますよね~



これは
胡麻和えなますだったかな~
P1050742.jpg
みんな手作りで美味しいお料理でしたよ



ふきと油揚げの煮物
P1050743.jpg
のんは最近、病気対策で栄養バランスやカロリー取りすぎに気をつけているので、こんな煮物系のおかずを食べる事が多くなりました(まったく関係ない話ですね~



じゃがいもの揚げ煮
P1050744.jpg
煮てあったと思うのですが‥
芋系大好きなのんです
皮付きがいいですね



ここからは、朝でも後出しでした


「朴葉味噌焼き」
P1050745.jpg
有名な飛騨の代表的郷土料理ですよね
高山で、甘めの物を食べた事がありますが、
中尾平の朴葉焼きは、甘さはほとんどない(どちらかというと塩分が効いていました)、具沢山でおかずにぴったりの味付けでした(そういえば、近くの焼乃湯さんのも甘くない系でした)
一般家庭でもそれぞれのお味があるみたいですね



鮭の塩焼き
P1050746.jpg
厚さも程良く、焼き加減もベスト
のんは、のんママの教えで、栄養あるので皮ごといただきました(温泉公方は、皮は食べない習慣です



そして、温泉地に来たら
温泉卵
P1050747.jpg
中尾地区の道には、あちこちに温泉が噴出してますから
間違いなく手作りの温泉卵です



ご飯&お味噌汁
P1050748.jpg
お味噌汁の具は忘れました~

あ~お腹空いてきました
見るからに美味しそうな朝食じゃないでしょうか
ごはんに合う和食が並びうれしい日本の朝ごはんって感じでした



たくさん情報が入っていて頭でっかちで訪れた、中尾平でしたが、
あまり期待が大きいと…という事もある中
こちらは、期待通りの素敵なお宿で、滞在中から再訪問したいって思う程でした

もちろん、温かくて真面目そうなご主人&奥さまの存在があったからである事は言うまでもありません

再訪問しますよ~


山の旅舎 中尾平
スポンサーサイト
テーマ:温泉旅行
ジャンル:旅行
新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平       (貸切温泉露天風呂編)
2011年11月09日 (水) | 編集 |
貸切内湯に続き貸切露天風呂の御紹介です

貸切露天風呂は、玄関から出て、建物の裏を少し行った所にあります
もっと遠いのかと想像していましたが、思ったよりは近く、そんなに苦労せず行けると思います

しかし、特に雪や雨の中、「行ったら、使用中だった」では、ちょっとがっかりですので
ここでは、フロントの所に鍵を置き、「鍵がない露天風呂は使用中というシステムになっています



フロント横にあるです
ベルがついていて、森の中の温泉の鍵って感じでした
P1050578.jpg
もしかして、熊さんよけ



お部屋からも見えたこの石碑の横から、降りて行きます
石碑には「中尾平龍王」って書いてありますかね
P1050593_20111030225840.jpg



こんな案内板がたっているので分かりやすいです
P1050669.jpg



こんな道を降りて行きます
P1050670.jpg
道は左にカーブするので正面に見える車は、道側にある駐車スペースにある車ですよ~
お宿の車でしょうかね



途中咲いていた、夏の花々です

                            
P1050685.jpg P1050686.jpg


P1050755.jpg



途中には、もありました
P1050671.jpg
ここで焼いた食器を販売したり、お宿で使用しているのでしょうかね~



窯から、間もなくあるのが、貸切露天のひとつ
「前の湯」です
P1050672.jpg
お宿の裏すぐ前にあるので、前の湯というのでしょうかね~



それでは、「前の湯」からご紹介します

入口です
まだ、木の匂いがしっかり香る綺麗な木製の湯小屋でした
P1050673.jpg



脱衣所です
こちらも木の香りがする、山小屋の露天って感じの作りでした
P1050674.jpg
とっても清潔で気持ち良い脱衣所でしたよ~



じゃ~~ん
湯船です
P1050675.jpg
屋根&一部木の壁もありますが、前の森は見渡せるようになっています
何度か書いていますが完全露天も爽快で良いのですが土地柄、豪雪の場所などは、屋根付きというのも、かえって嬉しい時期もあるように思います
夏の紫外線対策という意味でも、特に女性の中にはポイント高い方もいるとも思います



そして、上の画像の左の方にヒモが見えますが
こんなものが下がっていました
P1050680.jpg
ヒモを引くと鈴が鳴る

熊ちゃん避けですか~ 



湯殿に入り右の方から湯船をもう1枚
P1050676.jpg
お湯に、逆さ森が写り込み綺麗でした
そして、banさんがおっしゃっていたように、左に、大きい貸切内湯の目隠しが見えますね
また、右側の壁は、奥の湯に続く道対策の目隠しかと思われます
なるべく景色も見えるよう色々と工夫しているのでしょうね~



太い梁の上からも景色が見えて、緑がホントまぶしかったです(季節は夏ですよ~
P1050679s_20111109105832.jpg



入浴目線でパチリ
P1050683.jpg
湯は、内湯と同じ、加水&熱交換ありの源泉掛け流しです
そして、熱くも無く、温くも無い、源泉温度が高い事を考えると、「ごゆっくり~して下さ~い」という温度だったと思います
(のん感覚です
それでも、湯は綺麗で気持ち良かったですよ~



湯口はこんな感じ~
P1050684.jpg
投入量がちょっと見づらいので、画像でみるより投入されていた印象です



これは掛け流し口(湯尻)ですね
投入した量、このパイプから排出される形です~
P1050756.jpg
湯の中、外側の端っこにあるため、キレイな緑が写り込んで見づらいです



広さはこんな感じです
P1050678s_20111109135225.jpg
大きい貸切内湯程ではありませんが、5人位は入れる十分な広さではないでしょうかね~
また、手前左側には、大きめの石の段差があるので、入りやすいですし、そこに座って、景色を眺めるのにも最高ではないかと思いました



こちらの貸切露天は、着いた日と、朝入ったため、画像がたくさんあります
なので、景色中心に撮った画像を3枚ペタリさせて下さい


P1050681.jpg




P1050682.jpg




P1050758.jpg


綺麗でした~~



続きまして、もう1つの貸切露天風呂「奥の湯」の御紹介です
場所は、「前の湯」の先を少し進んだ付きあたりです
奥にあるから「奥の湯」ですかね~

入口手前は、こんな出入り口になっています
P1050690.jpg
何故入口手前と書いたかと言うと~



この出入り口を入った先奥の湯脱衣小屋迄、こんな階段があるんです
P1050691.jpg
お宿玄関から奥の湯までは、もっと遠いかと想像していたら、そうでもない距離でした(のん感覚です
なので、この階段は、頑張ってあがりましょ~(しかし、無理そうな方は、「前の湯」でも十分楽しめますからね~
この階段冬は、手入れが大変そうですね



「前の湯」の脱衣湯小屋到着です
P1050692.jpg
前の湯同様、劣化が少ない綺麗な木造りの小屋でした



入口です
P1050693.jpg
「奥」の字が変な字になっていますが、上に蛾さんがとまっていました
ちょっぴりびっくりして声を出したのんですが、いるとわかれば、ここは、大自然の中にのん達がお邪魔しているわけなので、「飛ばないでね」ってお願いしながらドアを開けましたよ~
(自分で開けただけ偉いって自分で自分を心の中で褒めちゃいました~
蛾さんもカップルだから(左上にもう1匹)、貸切露天にきたのでしょうか
でもお願い、おっきいんだから入浴はご遠慮してね~



脱衣所です
P1050694.jpg
作りは、前の湯と大差はありませんが、こちらには、棚の1番上に笠がおいてありました
こちらは、屋根なしの完全露天だからです~



じゃ~~ん
P1050695.jpg
こちらは、到着日に入りましたが、とても暑いお日さまギラギラの日だったので
夕方、日が少し傾いてから入浴
しました
それでもこんな明るい、やはり開放的な完全露天でした



湯口にズ~ム
湯は、他の湯殿と同じ、加水&熱交換の源泉掛け流しだと思います
P1050696.jpg
そして、中尾平は、すべての湯殿に同じ源泉が注がれているのだと思います
こちらでも、露天ながら、湯口に近づくと微かに硫黄の良い匂いを感じる事ができましたよ~



大きさはこんな感じです
いつも自然体で失礼しています
隠してって言って邪魔をして、撮らせてもらえなくなるとたいへんなのでご了承を
P1050697s_20111109161954.jpg
ちょっと変形の湯船なので、「前の湯」より少しせまいでしょうかね~
それでも、3. 4人は入れる、贅沢な貸切ですよね



入浴目線でパチリ
P1050699.jpg
そういえば、「奥の湯」で特筆すべきは、ここだけ湯の花がウヨウヨだったという事ですかね
(他の内湯や露天風呂では、気にして見てはいませんが、湯の花に気がつきませんでしたので、ここだけ大きく大量だったと思います明るいからじゃないと思うのですが‥
源泉は同じだと思うので、湯を汲んだ時間によるのでしょうか
未確認です



景色を1枚ぺタリ
P1050698.jpg
完全露天の景色は、やはりズバ抜けていますかね~



そして、素敵な森を眺めながら入浴していて引き付けられたのが
わかりづらいですが、1本の太くて高~~いまっすぐな木でした
(真ん中の奥あたりに写っています
P1050701.jpg
とても近くで高いので、全体を撮れなかったのが残念でした



頑張り奥の湯階段(のん命名)も、上から見ると、緑の中の階段でとっても綺麗でした
P1050702.jpg



最後にお宿の前に戻り宿泊している棟の方をパチリ
P1050759_20111030233438s_20111111131525.jpg
建物の向こう側も、緑いっぱいで青空ともマッチしていました~


これで、温泉のご紹介はおしまいです
どこも必ず森の木々が見える素敵な湯殿達でした
皆さんはどこがお気に入りなのでしょう


次回から、お食事のご紹介の予定です
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平      (貸切温泉内湯編)
2011年11月04日 (金) | 編集 |
たいへんお待たせいたしました
お待たせしすぎて、御訪問して下さる方の数が減ってきてます
ほんとごめんなさ~~い


それでは、中尾平の温泉をご紹介します

こちらのお宿の御紹介は、のんがお付き合い頂いている方々のサイトでたくさんされていますので、のんの内容ないご紹介は必要ない気もします
なので、画像だけでも御覧頂ければと思います
よろしくお付き合い下さいね



中尾平の浴場は、貸切で6か所、そして、部屋数も6部屋
そして、大浴場はなしです
選ばなければ、どこかは開いている計算になります
あっ
男女のグループが1部屋だと空いて無い事もありますね~
それで空きなしは、ほとんど無いケースかとも思いますがね





今回は、貸切内湯の御紹介です
貸切内湯は、フロントの奥のスペースに並んでいます

入る時には、この札をひっくり返して施錠して入ります
(画像は使用中ですね
P1050607.jpg



4つある貸切内湯ですが、大きい浴場からご紹介しますね
フロントの並びにありますよ~

大きな貸切内湯①
脱衣所です
P1050610.jpg
貸切のため、カゴは4つしかありませんが、ひろ~~いです
また、木のぬくもりいっぱいだし、きれいだし、気持ちいい脱衣所でした



脱衣所には洗面台が2か所に、休憩用の木のベンチもありました
P1050611.jpg



絵画にズ~~ム(またまたピンボケでごめんなさ~い
P1050616.jpg
鉛筆でのデッサンのような、版画の様な
仏様ですかね



浴場です
分かりづらいですが、こじんまりした旅館の大浴場より広いです
P1050612.jpg
こちらで大きさ把握のための温泉公方入浴シ~ンを撮り忘れましたが
楽々10人以上は入れる広さだと思います



2面がガラス仕様なので、森の木々がとても綺麗でした
P1050615.jpg
雰囲気、伝わってますかね~
右には、まだまだ浴槽がが続いています




ズ~~ム
P1050618.jpg
今頃は、紅葉の葉が落ちている頃でしょうかね~
確認ですが、のんの宝箱は、今、タイムマシーンにのってますのでこの景色は、夏ですよ~



入浴目線でパチリ
P1050619.jpg
広さ伝わりますかね~
わずかな硫黄臭を感じながら、ゆったりまったり湯浴みを楽しめました
源泉は焼乃湯と同じ組合1号泉だと思いますが、この日は、焼乃湯のような焦げ臭はなかったですかね~
温泉は、引く距離や、加水、その他湯使い、そして、その時々に寄って微妙に違ったりしますからね~




湯口です
P1050613.jpg
暗くて投入量が見づらいですが
源泉の温度 94.9度
加水された源泉がトウトウと注がれていて、湯船は広いですが、新鮮湯です
中尾温泉の湯は、高温なので、加水のお宿が多いようです
中尾平の説明には、蒸気で噴出しているので、加水しないと使用できないとありました
しかし、熱交換システムも導入しているようなので、加水量は少ないのではないかと思っています
泉質 は、ナトリウム・塩化物泉 (旧泉質名  弱食塩泉) pH 7.8なので、やさしく保温効果が高い温泉です
また、給湯口の温度は、44~47度とありましたが、この日は、もう少し温めだったと思います
夏なので、適温でした




洗い場です
1か所だったと思います(ドジなので、自信無しですが~
追記 banさん情報で、こちらの洗い場は1ヶ所とわかりましたbanさん、ありがとうございました
P1050614.jpg
貸切なので、問題なしどころか、キレイな山(森)を見ながら洗えるシャワー&カランって、少なくないですか~
とてもお気に入りのシャワー&カランとなりました



こんな景色を見ながら洗えるんですよ~
P1050617.jpg



浴場内の天井や壁も木造りで、
劣化も少なく、気持ち良い湯殿でした
P1050620.jpg
壁の向こうには、もうひとつの大きい内湯がありますよ~



それではそのもう1つの大きな貸切内湯をご紹介します

大きな貸切内湯②
脱衣所です
P1050626.jpg
もうひとつの大きい内湯と同じく、カゴが4つと、休憩ベンチがありました
撮影の仕方が悪く狭く見えますかね
実際は、貸切としては、贅沢な広さだと思います
もしかしたら、以前中尾平ホテルの時代、男女別の大浴場として使用していたのかな~なんて想像していました



こちらの脱衣所にも2つの洗面台完備です
P1050625.jpg



洗面台の鏡に写っているのは
版画ですかね
(せっかくの版画がピンボケですみません湯気かな~
P1050628.jpg



もう1枚ボケボケですが
洗面台の鏡の所には、こんな野花が飾ってありました
P1050634.jpg
ピンクのお花は、のんも知っている「あざみ」のお花に似てますね
豪華なお花も見ごたえありますが、自然豊かな場所では、野花だと逆にうれしかったりします



浴場です
P1050622.jpg
こちらは1面のみの窓ガラスなので、上でご紹介した浴場と比べちゃうと
上の浴場の方が、明るく景観もいいですかね~

そして、湯船の大きさは、最初にご紹介した方が広いと書いてらっしゃる方もいますが、のんには、比べる事が出来ず、同じ位に見えてしまった~~
追記 湯船の大きさは、やはり、大きな貸切内湯①の方が広いそうです
banさん、情報ありがとうございます



温泉公方が、左の方で寛いでいます
広いでしょ~
P1050630.jpg
温泉公方が頭をのせている湯船の縁は、寝湯用にまくら型になっているんですよ



目隠しいらないようですが、露天への道から見えてしまうんだと思います
(露天への道から目隠しが見えたので)
追記 理由はもう1つあり、貸切露天「前の湯」とお互い見えちゃうそうです
またまた、banさん情報に感謝です
P1050624.jpg
しかし、もう1ヶ所の大きい方と比べなければ~
目隠しの手前にも、庭が設えてありますし、目隠しの上には木々が見え、十分素敵な湯殿だと思います



入口入って、右の方から左斜めの方をみた画像です
P1050631.jpg
ねっ
十分綺麗ですよね~



目隠しの上にズ~ム
P1050617.jpg
やっぱり緑を見ていると元気が出てくる気がするのんです



うわ~~
ボケ過ぎている湯口すみません
(でも、せっかく撮ったので貼っちゃうんです~~
P1050623.jpg



洗い場です
こちらは、2ヶ所ですね
P1050621.jpg
恵まれた貸切温泉にびっくりでした



続きまして、小さめの貸切内湯のご紹介です
場所は、フロントの先の突き当たりあたりです

館内案内図が出てきたのでぺタリしておきます
(クリック+でご覧下さい
P1050703.jpg
厨房とあるロビー側あたりにフロントがあります



それでは、小ぶり貸切内湯一つ目から~

小さい貸切内湯①
脱衣所です
P1050648.jpg
カゴ2つ付のロッカーと、洗面台もありました
体重計もあります



湯船です
P1050649.jpg
木作りのお風呂が良いです
小さいですが、2人で入るには十分な大きさだと思います(のん感覚)
そして、大きい浴場の方が、のびのびは出来ますが、こちらは、なんか落ち着くいい雰囲気のお風呂で、のん達は気に入りましたよ~



湯口です
P1050650.jpg
ご覧の通り、小さめの湯船に、熱交換&加水された適温の湯が思い切り注がれていますので
鮮度はやっぱり、小さい内湯の方がいいと思います

こだわり湯マニアさんは、こちらの方が良いかと思います
総合温泉好きさんには、やはり大きい内湯が人気のようで、こちらの方が、空いている確立が多かったです



カラン&シャワーもしっかりあるので、
十分過ぎる小さめ貸切内湯だとのんは思います
P1050651.jpg



窓からの景色です
P1050652.jpg
窓も大きめで、すぐ近く迄森が迫っていて、景色も楽しめますよ~



最後に、もうひとつの小さめ内湯をご紹介します

小さい貸切内湯②
脱衣所
の作りは、もうひとつの小さい内湯と同じですかね~
P1050653.jpg
扇風機、体重計もありますね



湯船です
P1050654.jpg
もうひとつの小さめ内湯と同じ大きさ作りですが
こちらは、湯船の広い方側に窓があります(もうひとつの方は、狭い側です)
やっぱり木造りの湯船、好きです



ちょっと暗く取れてしまった湯口です
こちらも、湯船の大きさに対して、結構な投入量でした
P1050655.jpg
って事は、大きな貸切内湯と加水量が違うという事でしょうかね
それとも、熱交換した湯で調整しているのでしょうか
(未確認ですが後者だと嬉しいのん達です



洗い場です
P1050656.jpg
こちらも、窓との向きが違うのみで、もうひとつの小さめ内湯と同じですかね




シャンプー リンス ボディーウォッシュは、どの浴場も同じです 
P1050657.jpg
シャンプーとリンスは、出来れば別になっている方がリンスが効く気がするのは、のんだけでしょうか



貸切内湯の外には、休憩スペースもあります
P1050608.jpg
森を見ながら、湯涼みをしました



冷たい飲物も用意されているので、いただきましたよ~
P1050609.jpg
上にかかっている絵画は、お部屋編でご紹介しましたね

新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平 (初編)



そして、飲物、安いです
P1050689.jpg
冷蔵庫の画像をクリックしてもらうとわかりますが、発泡酒とかではないビールでした
そして、自己申告制で、飲んだ分、備え付けの紙に書いて置いておきます
お宿の気持ちの表れ
ではないでしょうか
食堂に持ち込まないでほしい等の注意書きがあるので、きっと悲しい事もありそうですが、それでもこの方法をとっているのが、凄いです



これは、冷蔵庫の隣に置いてある麦茶の説明です
P1050688.jpg
丁寧な貼り紙です(J等の、口コミ対策にもなりますしね~
そして、そんな事しないで~と思う貼り紙でもありました



そしてそして、新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平 (初編)でご紹介したガラスコレクション棚が休憩スペースにあるのですが、
考えるニャンコの所には温泉についての表記&成分表もありました
P1050647.jpg




ズ~~ム
P1050660.jpg
こういう書き方の分析書、のんは見やすくていいな~と思いました



成分表はクリック+で御覧下さい
P1050661.jpg
のんは細かい成分はあまり気にしないほうです



上の画像と重複しますが、温泉の説明をペタリしておきますね~
興味のある方は御覧下さい

源泉名 中尾高原温泉組合1号泉
湧出地 当館前の道を約200m下ったT字路の脇 共同源泉
湧き出し方 蒸気による吹き出し
源泉の温度 94.9度
性状 無色透明 微硫黄臭
泉質 ナトリウム・塩化物泉
(旧泉質名  弱食塩泉)
pH 7.8
給湯口の温度 44~47度
(熱交換および、加水による温度調節)
給湯量 毎分45~80リットル
給湯方法 高温のため、源泉百%の掛け流しでは、入浴できないため、熱交換および加水による温度調節後に給湯、掛け流し。
適応症 高血圧症、冷え性、リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹および角化症、虚弱児童、不妊症、女性性器慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症病および月経障害、更年期障害
特徴 塩分が皮膚について汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高い。肌に熱く感じ、湯冷めしないのが特徴。



貸切内湯の御紹介は以上ですが、6部屋に4つの貸切内湯~
温泉をゆっくり楽しんで欲しいというお宿の方のお気持ちが伝わって来る感じ
です
そして、忘れてはいけません
こちらのお宿には、素敵な森の中に、貸切露天風呂も2つあるんです

そちらの御紹介は、次回に予定しています
テーマ:温泉旅行
ジャンル:旅行
新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平    (お部屋編)
2011年10月22日 (土) | 編集 |
山の旅舎中尾平、お部屋の御紹介です

のん達のお部屋は、中尾平の6つのお部屋のうちの4つある「小」のお部屋でした
この素敵な廊下の左側に並んでしますよ~
P1050599.jpg



お部屋は23号室でした
P1050581.jpg
手描きであろう野花の絵がかわいいですね



ドアをオ~プン
P1050583.jpg
ドアの正面には、物入れのようなもの
そして、その右側はお部屋につながる廊下となっていました



物入れかと思った戸を開けると
中には、金庫&冷蔵庫がありました
P1050582.jpg
冷蔵庫は、空っぽですので、お部屋への持ち込みは可能という事でよいのでしょうかね~
最近は、高い飲み物が入っている冷蔵庫、減ってきましたかね~



改めまして、お部屋に続く廊下です
P1050584.jpg
右壁の向こう側には、畳にお布団のお部屋がありますよ~



上の画像の左側に見えるドアを開けると
洗面スペースがありました
P1050585.jpg
白くて綺麗な、さっぱり感のある気持ち良い洗面スペースじゃないでしょうか~
そういえば、このスペース、入ると自動でライトが点灯した気がします
便利なだけではなく、自動で消灯するので(しますよね)省エネにもなるのでしょうか
のんは、震災後、これまで以上に、お宿でも電気をマメに消すようにしています



そして、トイレもありました
P1050586.jpg
こちらも白を基調とする、清潔感のあるトイレでした
温水洗浄付きでした
夏なので温かくはありませんでしたが、便座暖房も完備ですね
最近は、真冬、冷たい便座に座るの、勇気がいるようになってしまったのんです(贅沢ですかね
そして、のん達は、良い湯を求めて、トイレなしのお宿にも行く事がありますが、
やはり、お部屋にトイレがあるとうれしい
ですね
特に最近温泉公方は、「トイレあり」と「トイレなし」のお部屋が料金別であると、「トイレは合った方がいいよ」って、「トイレあり」を選ぶ事が多くなりました(以前はお部屋は一番安いお部屋でいいって感じでしたがね)



畳には最初からフカフカお布団が敷いてありました
P1050587.jpg
枕の向こうの感じから、畳キングベッドって感じじゃないですか~
温泉入っては、ゴロンが出来るので、最初からお布団は歓迎です
しかし、爆睡してしまってはもったいないので、注意です
温泉もほどほどに、ゆっくりなさりたい方は、どうぞ夕食まで爆睡して下さいね



上の画像左側に写っているのは
お茶セットがおいてある棚です
P1050588.jpg
湯沸かしポット
「あっという間にすぐに沸く~ティファ~~ル~なので、飲む度に熱々のお湯が直ぐに沸きますよ~



お茶の品揃えも豊富で、ハーブティーもあったと思います
P1050752.jpg
お茶碗もかわいくて、いいですよね~



枕元の向こうの棚の上には、浴衣&タオルセットが置いてありました
P1050589.jpg



もう一方の壁側をパチリ
電話スタンドそして、壁掛けタイプのテレビがありました 
P1050591.jpg
普段はテレビをつけている事が結構多いですが、ここではほとんど見ませんでした
それほど、お宿を満喫できました
そして、テレビの壁の向こうは、出入り口につながる廊下ですが、戸を開けると廊下が見えるようになっているようですね
(のん達は開けませんでした)



噂のロッキングチェアーです
P1050590.jpg
大きく切られた窓からの景色を楽しむには、最高です
実はのんは、あまりロッキングチェアーに座った経験がなかったので、後ろに行く時に最初はちょっぴりドキドキでしたが
慣れるとあの揺れは非常に心地良いのですね
のんが知っているネット先輩もこのロッキングチェアーで何人も揺られて癒されてますし、これまで、どんだけの人を癒してきたのでしょうね~
ロッキングチェアーさん、ご苦労様です~



テーブルの上にはおしゃれ~な鍵
P1050762.jpg
数字を打ち出したみたいに見えますが、そんな事できないかなっ



そして、灰皿
と、いう事は、お部屋では喫煙可能のようですね
P1050637.jpg
前編で触れた通り、中尾平のシンボルマーク入りです



最後に、窓から見える景色を何枚かペタリします

駐車場を隔てたあたりにある石碑です
P1050593.jpg
ごめんなさい
何の石碑か忘れてしまいました

石碑の右奥に木製のガードレールの様なものが見えますが(なんていうんでしょ
ここから、貸切露天風呂へと歩いていきます
よ~



左斜め下の玄関前には、キレイな花が満開でした
(クリック+すると綺麗ですよ~
P1050640.jpg
追記 ヤマボウシと言うそうです
ゆかりんさんに教えていただきましたありがとうございました



ズ~~ム
2階のお部屋からですから、いっぱいズームましたよ~
P1050639.jpg
葉っぱに負けない位、大きな葉っぱのような花びらのお花
詳しくはわからないのですが、ポインセチアのように花じゃなくて苞にも見えますが、真実はいかに~




遠くの景色です
夏の雲ですね
こんな景色がお部屋から見えるんです
P1050642.jpg
今頃は錦色その後真っ白な雪景色になるのでしょうね~



ズ~~ム
のんが大好きなチョコン山(真ん中の小さな三角です)は錫杖岳で烏帽子岩というそうです
(みんなの宝箱でbanさんに教えていただきました
P1050641.jpg
焼乃湯の貸切露天からの景色と同じですよね~
焼乃湯は、中尾平から、少し下の方にありますからね~



そして、朝の窓からの景色です
P1050736.jpg
上の猛暑の時と、空の色が違いますね~
御主人がおっしゃる通り、猛暑の時期ですがエアコンなしで涼しい風が入って来て、とても気持ちが良い朝でした
あっそうそう
この辺のお宿では、クーラーがないお宿も多いそうですが(涼しかったため)、
こちらのお宿は、クーラーを入れたそうです
HPにも、
改装に伴い、お部屋にクーラーを御用意いたしました。
中尾でクーラーが必要になる、これも温暖化の影響ですかね。
って書いてありました
確かに、着いた日はとっても暑かったですからね



もう1枚
P1050737.jpg
あ~~恋しい景色です
今度いつ行けるかな~(この言葉何度目~



なんか、〆のようになってしまいましたが中尾平の御紹介は、まだまだ続きま~す
気長にお待ち下さいね~




P.S  明日は、おでかけしま~す
久しぶりの泉質なので、楽しみです
早朝でかけますので、それでは、おやすみなさ~~い
テーマ:温泉旅行
ジャンル:旅行
新穂高温泉郷 中尾温泉 山の旅舎中尾平                (初編)
2011年10月18日 (火) | 編集 |
まだ時々暑い日もあり、桜が咲いてしまったなんてニュースも聞こえてきますが
さすがに朝夕は肌寒くすっかり秋が深まってきましたね~


焼乃湯で、奥飛騨デビューして、1か月もたたないうちに、すぐ近くで、1度は行ってみたいと思っていた中尾平に行く事が出来ました
温泉公方が、中尾温泉を気に入ったため、実現しました~


それは、まだ、夏も盛りの時期
中尾平で初めて30℃になった猛暑の日でした~
気温は30℃でも高地の中尾高原は、日差し(紫外線)をバンバン感じました


それでは、タイムマシーンに乗りますよ~
レッツGO



まずは、行きでのインパクト大だったお話です
上高地入口手前の土砂崩れ現場です
ここは、片側通行でしたよ
(画面上部の水色は、車のフロントガラスの上部の色です)
P1050530s_20111018222704.jpg
banさんに聞いていたので、心の準備は出来ていましたが、
自然って、時には人間でさえどうする事も出来ない程怖いものなのだとつくづく思い知らされました

気を取り直して進みましたよ~

その先、上高地入口で大きくカーブして、安房トンネルを平湯温泉に抜けますが、
安房トンネルは、焼乃湯に行った時は無料期間でしたが、中尾平の時は、普通料金になっていました
しかし、ボタンを押して係の方にETCカードを提示すれば、ETC割引が受けられました
ところが、それに気付いたのが帰り道
行きは、通常料金払っちゃいました~~
あまり節約生活が得意ではないのんですが、こういうのは、後悔心大です
気がつかない自分が悪いのですがね~



安房トンネルを抜け、平湯温泉街に入るあたりの北アルプスの山をあまりに綺麗だったのでパチリ
みんなの宝箱でbanさんに教えていただきましたが、笠ヶ岳だそうです
P1050532.jpg
以前、みんなの宝箱でゆかりんさんと北アルプスの山々の名前で盛りあがり
banさんに色々と教えていただきました(banさんいつもありがとうです




更に、平湯を抜け、新平湯を抜け、ドンドン進みます

中尾高原は、奥飛騨温泉郷でも、奥の方にあります

新穂高温泉を進み、蒲生トンネルを抜け、
奥飛騨さぼう塾の手前
こんな大きなのれんがある所を右折して山を登っていきます
338688_1313134424.jpg
こののれんは、時々色が変わるようですよ(KIYO♂さんの情報です。ありがとうございました



そして、中尾温泉の中でも、中尾平は、奥の方
にありますよ~
細い山道を少し登ると、キャンプ場の向かい右側こんな看板が見えます
P1050549.jpg



入口付近から外観をパチリ
L字型の建物ですね
車は、砂利の所に駐車します
P1050546.jpg
ネットお仲間の所で、何度となく見ている画像です
「や~~っと来られた」って、感動しちゃいました~
と、言う事で、フォロー、ヨロピクで~す
そして、のんの画像は、綺麗じゃなくてすみません




上の画像の右側に写っている入り口がある方をパチリ
P1050547.jpg
少し早く着いてしまいましたが、ここは、14時チェックインを15時チェックインに変更したお話を聞いていたので、
時間になるまで猛暑の中散策しました
なので、宿に入るこの画像を撮った時は、も~クッタクタでした
しか~し、お宿に近づく程に、疲れより嬉しさが勝っていきましたよ~




入口にズ~~ム
P1050548.jpg
お宿名表示の、字体がおしゃれ~~



うれしくて思わずもっとズ~~ム
P1050569.jpg
ステンドグラスのライトがまたまた素敵ですね~
写真がい~~っぱいになる予感が、この後見事当たる事になりました~



入り口から、建物右の方角です
P1050570.jpg
緑を見ながら、ティータイムが出来そうな、テーブルセットがいい感じでした
窓ガラスの奥は、食事処ですので、食事処からも、大きな窓越しに、外の景色を眺める事ができますよ~



広々玄関ホールです
P1050606.jpg
すぐ右側が、食事処すぐ左側が、ロビーです
食事処の先は、フロントで、付きあたりのスペースが貸切内湯ゾ~ンです



食事処というのが似合わないな~と思っていたらダイニングルームと表示されていますね
P1050605.jpg
お待たせしないように、歩きながらパチリしたのでピンボケちゃんです~



食事処改めダイニングルームの先には綺麗なガラス製品が陳列されていて、中には販売しているものもありました
(全部が商品じゃなかったと思うのですが
P1050571.jpg
右のガラスケースの壁の向こうがダイニングルームで、左のピンク電話の横がフロントです



これ、欲しかったです
花立てです
P1050644.jpg
でも今、良く見たら、けんざんの部分だけの販売でしょうかね~
お皿はついてなさそうですよね
野花もかわいい~~




フロントです
P1050573.jpg
ちっちゃいフロントですが、チェックインやチェックアウトは、この向かいのロビーで行うため、問題なしです
そして、ピンク電話の右側に2本立って見えるのは、貸切露天風呂の鍵で、ここに無ければ、使用中と言う事です
結構遠くまで歩くので、きちんと対処されています



フロントの上にあるライトが、とっても素敵だったのでパチリ
P1050635.jpg
結構大きく、ステンドグラス風の絵柄の笠が目を引きました



フロント向かいロビーです
P1050604.jpg
部屋数に対して、十分な広さです
ここも落ち着きそうな空間ですよね~
こちらは、喫煙可能なので、愛煙家の方にはうれしいですね
左側の明るい所が、玄関ホールですよ~



上の画像の手前に写っている椅子かわいかったのでパチリ
P1050658.jpg
「そり」の形をしていました
もしかして、御主人の手作りだったりしますかね~



ウエルカムサービスは、手作りの確か、「梅ゼリー」緑茶ですよね
この画像は、食べちゃったのではなく、透明ゼリーです(厳密にはちょっぴり色がついているのでしょうがね~)
P1050574.jpg
さっぱり薄味のゼリーでした



そしてチェックイン時初めてののん達には、絵図を使って、貸切露天風呂の場所説明がありました
クリック+で御覧下さい
P1050577.jpg
この時益々、湯への期待感が高まりましたよ~



それではここで、撮影しきれない程素敵なインテリアがたくさんある中尾平さんですが
ロビー&フロント周りのいくつかをペタリしますね

入口の画像にも写るかわいい布の裏側に飾ってあった可憐なお花です
P1050645.jpg
たぶん野花ですよね
お花は「どくだみ」に似てますが、何てお花でしょうね(どくだみのお花も良く見るとかわいいですものね~



明日の天気表示板です
P1050646.jpg
このお宿を登山の拠点宿とする方もいらっしゃると思うので、天気は重要ですね
banさんも先日焼岳に登山されたとご投稿いただきました
下についているのは温度計だと思ったら違うみたいです
1000なんて書いてありますものね~



客室がある2階ヘの階段近くにはパンフレット類が置いてありました
P1050764.jpg
分かりづらい画像になってしまいましたが置かれているのが、とっても味がある台でしたよ~
トランク



貸切内湯ゾ~ン近く、建物の奥の方には、
またまた素敵なガラス製品のコレクション立派なケースに陳列されていました
P1050647.jpg
詳しくはわかりませんが、キレイですよ~



陳列棚の上には~

おっきいですがまつぼっくりでいいのかな
P1050659.jpg



かわいいスタンドライト
P1050662.jpg



考えるニャンコ(のんが名付ける
P1050663.jpg
いいこいいこしたくなるニャンコでした
後ろの文字は、温泉についてですので、また、後ほど温泉編

陳列棚の右端は、撮り忘れてますが、ドライトウモロコシ(わかりますか)等の盛りカゴだったと思います



結構な大きさの絵画でした
P1050760.jpg
焼岳のような違うような~



振り向いてパチリ
P1050579.jpg
左手前にがフロント一番向こうが出入り口右がロビーですね



2階に行く階段近くの窓から見えたお花
自然に咲いたお花のように感じました
P1050761.jpg



それでは、客室がある2階です

階段を登って、左側パチリ
P1050603.jpg
本棚が見える奥は、2階のロビーです
そして、真ん中に写る壁の外側の廊下を行くと、客室が並んでいますよ~




上の画像の壁に埋め込まれているインテリアをパチリ(見づらいのでクリック+で見てあげてください
渓流にいるようなお魚さん達~
P1050664.jpg
山女でしょうか
違う気が




渓流のお魚ちゃん達の前あたりには、洗面スペースはありました
P1050595.jpg
全室に、トイレと洗面所完備ですが、2人以上のの宿泊時は、便利そうですね~



洗面スペースの棚の上バイク
(鏡に写るは、温泉公方です
P1050705s_20111018114558.jpg
籐で出来ていますよね~



洗面スペース近くの片隅にあった夏らしいお飾りです
P1050598.jpg
季節により、変わるようですね~



2階 ロビーです
1階より、こじんまりしている分、更に落ち着く空間だと思います
かわいい応接セットと、間接照明もいい感じでした
P1050596s_20111018115343.jpg
こちらは、禁煙です~
温泉公方、他の方とご一緒しなかったため(お互いの譲り合いなのでしょね
リラックスしすぎて、浴衣が乱れていたので、全身ボカシ入れました



2階ロビーの御紹介をチラッとしてみます

将棋 トランプ等ゲーム類が置いてありました
P1050600.jpg
左に写る、アポロチョコやブラックチョコ
もしかしたらと思って開けましたが、やっぱりゲームでした
ショックで、中身をパチリし忘れ、どんなゲームかは忘れちゃいました~



インターネットもできますよ~
P1050739.jpg
1泊だったので、あまり出来ませんでしたが、あると便利ですよね~
連泊時には、尚更うれしいサービスだと思います



ロビーの画像にも写っている
重厚な雰囲気「中尾平」の壁掛け~
P1050643.jpg
お部屋の灰皿にも描かれていたのでシンボルマークなのでしょうかね~



BOOKコーナーもありました
P1050597.jpg
温泉公方は、コミック「おーい竜馬」にハマり
いつもは、食後、睡魔との闘いなのですが、夜中まで読みふけっていましたよ~



本棚の上のお飾りです
一つずつ撮れば良かったです~(クリック+で見て下さい
P1050602.jpg
左は、キャンドルスタンドで、
右は、鳥かごの小鳥さん~
かわいいものがた~くさんの中尾平さんです



客室に続く廊下です
P1050599.jpg
天井近くの、茶色いのオブジェのようなものは、改装前の「梁」が出てきたものを利用したのだそうですよ
(ダンカミさんのHPで教えていただきました
ホント素敵な廊下です
この廊下の左側に部屋が6部屋ありますよ~
(→ここで訂正です、banさん情報でお部屋は、廊下の左側は4部屋(小)で階段を上がって左側(ダイニングの上) に大と中の部屋があるそうです。banさん、ありがとうです。やっぱり遠慮せず静かに奥まで行って見ればよかったです~
そして、右側の窓からは、緑の森が見えたような気がします
何故忘れたかって~
中尾平の周りには素敵な景色しかなく、どこがどんな緑の景色かわからなくなってしまったんです~
行くのはたいへんですが、雪景色も素晴らしい事間違いなしですね
今は、紅葉で錦色でしょうか~



最後は、廊下の壁に点々とかかっているチョ―ラブリーな絵を2枚ペタリ

1枚目                       2枚目
P1050667.jpg P1050668.jpg
この絵達、一番奥の部屋の方まで続いていて、どんどん奥に行きたくなりましたが、
お邪魔してはいけないかと思い、我慢しましたよ~
好きです
こんな絵~

次回は、お部屋編の予定です
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。