自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かみのやま温泉 葉山館 食事編
2008年10月18日 (土) | 編集 |
温泉も大好きですが、美味しいものにも目のない温泉番長&のんで、何処にいっても、残すなんて事はない、食いしん坊ですが、葉山館のお食事は、美味しいだけでなく、ボリュームも満点で大満足でした。



食いしん坊なので、よく、写真を撮らずに食べちゃったりしますので、抜けているかな
葉山館さんごめんなさい

と言うわけで、分かる範囲で説明付です
朝夕、個室食事処で頂きます。



夕食
「お酒」
PA181175.jpg
珍しく、梅酒です。日本酒で作った美味しい梅酒でした。
もちろん別注です。
¥1575 ボトルで、とても安かったです。
食前酒として、ミニミニワイングラスで、朝日町産山葡萄の自家製ワインも付きました



「夕食」
PA181172.jpg
上から、葉山館特製がんもの野菜たっぷり煮。ヒアルロン酸ゼリーをかけて食べました。(お肌プルプル
左下 酢の物の毛蟹
赤いお盆 左から赤酢大根 烏賊沖漬け 下の盛りが、あけび田舎焼き&海老行者巻き 水こぶ梅鰹 
下真ん中 山伏茸うま煮 
その右の香の物は、そうめん南瓜粕漬 きゅうりと大根 



PA181173.jpg
温物 海と里の幸しゃぶしゃぶ(和牛 餅豚 たらばがに槍烏賊)



PA181176.jpg
お造り 焼きふぐ 平貝 甘海老 下に生鯨肉が隠れていますが、初めてでしたが美味でした



PA181178.jpg
芋っこ汁は、大きなお椀でたっぷり ごはんは、上山西郷地区はえぬき米



PA181179.jpg
甘味 やまべジャージー牛乳杏仁プリン 別腹激ウマでした。



朝食
和洋からセレクトできるシステムでした。
いつも、和食なので、洋食にしてみました。
更に卵料理は、二点から選べましたが、ひとつずつにしました。



PA191182.jpg
野菜とフルーツの生搾りジュース カルボハムステーキ 槍烏賊マリネ&ポテトサラダ&トマトのバジル風味煮&カマンベールチーズの盛り合わせ




PA191183.jpg
卵そのⅠ ふわふわオムレツ
PA191185.jpg
卵そのⅡ 茸とチーズのキッシュ 
右のロールキャベツのカレー煮は、それぞれに付きました。(おいしかった~)




PA191184.jpg
焼きたてパン 洋ナシ 牛のスープ コーヒー

少量ずつ、色々と出され、どれも、しっかり作られていて、本当に満足でした
和食バージョンも気になるな




葉山館ごはん
質量共、大満足。
自腹でも又行きたいですね(今回は、うれしいポイント招待)




番外編
お昼に、近くの食堂でラーメンを食べましたが、選ばない割に美味しく頂きました。
(名前も覚えていませんでしたが、そばラーメン山椒と言う店みたいです)
名前の通り、そばとラーメンのみでした。
おつまみがあると、もっとうれしかったな

PA181148.jpg
辛みそラーメンと山形名物冷やしラーメンだったと思います。
辛みそは、自分で量を調節出来ました。ビールとラーメンのB級グルメもたまりませんね
スポンサーサイト
テーマ:旅と美味
ジャンル:旅行
かみのやま温泉 葉山館
2008年10月12日 (日) | 編集 |
三連休ですが、家でぼーっとしているのんです
温泉番長は、隣でお昼寝
二人共、先週は、チョー多忙だったので、いいお休みかもしれませんね。

さて、頭の宝箱にたくさん詰まっている宝物は、細かいものが少しずつ消えていってしまいますので、記憶に新しいところから、詰めていきます。

宿泊予約サイトの、ポイント招待で、無料宿泊です
葉山温泉の湯元、部屋風呂も温泉と言う事で、温泉番長が、決めました

PA181149.jpg
狭い道沿いに宿が、点々としている、かみのやま葉山温泉街。
そのため、建物の全景を撮影するのは、無理でした。
宿泊サイトでもハイクラスをうたっている位ですので、立派な佇まいです。



館内は、翠葉亭と、別邸の華葉亭、四季亭に分かれていて、のん達は、四季亭への宿泊です。
PA181157.jpg
吹き抜けのまわりに部屋がある贅沢な作りです。
無料でいいのと、ちょっと恐縮そして、二人でにっこり




PA181156.jpg
写真の撮り方が下手ですが、もっと広々としていて、ゆったりできるお部屋です。
右側のガラスの向こうが、坪庭で、その手前が、お楽しみの檜部屋風呂です。
坪庭は、部屋とお風呂両方から眺められます。


さーお楽しみの部屋風呂です
お湯は、張ってなく、自分で入れます。
蛇口からは、あつーーーい源泉
チョロチョロ出して、時間をかけて溜めましたが、激熱で、足も入りません
二人で、必死に湯揉みをして、加水無しの極上の湯を何度も何度も楽しみました。
PA191181.jpg




大浴場は、加水、放流一部循環、塩素投入ありですが、一度は入りました。
PA181161.jpg
男性用内湯

PA181165.jpg
男性露天    温泉街なので、展望なしです。


男性用内湯、露天は、塩素臭もなく、快適だったみたいです



P9270291.jpg
女性用内湯

P9270292.jpg
女性露天   男性用同様、温泉街なので展望はなしです。


女性用の内湯は、わずかに、塩素臭を感じましたが(のんは敏感なので、気にならないと言っていいかも)、露天は、気になりませんでした。



P9270296.jpg
男女両方の露天には、かわいいお地蔵さんがいました。
二人は、お地蔵さんも大好きなので、いつも、湯舟のみ撮影の温泉番長も珍しく撮影してきました。



次回、食事編をアップします
テーマ:温泉旅行
ジャンル:旅行
掲示板に
2008年10月05日 (日) | 編集 |
掲示板も寂しいので、茨城県に極上湯ありと前から気になっていた、温泉記事をさらっと書きました。
写真だけでもみて下さい。
掲示板が目立たないので、お誘いしちゃいました。
左帯のリンクからです。
本当は、のんがアップしないからなのですけどねー
こちらには、内風呂(女性)を貼ります。
さーどこでしょう

P9281123.jpg


P9281124.jpg

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行
龍神温泉 七福の湯
2008年10月03日 (金) | 編集 |
家からは、一番近い源泉掛け流しの温泉ですが、いつでも行けると思っているうちに、[うな八温泉]から、[龍神温泉七福の湯]に変ってしまいました。


P6280151.jpg



駐車場には、うな八温泉の始まりが記された石碑が残されていました。
P6280152.jpg



入り口です                     

P6280118.jpg 



券売機で券を買います。
入浴料 600円です。
P6280133.jpg



喫煙コーナーが、設けられていました。(館内禁煙と言う事でしょうかね
P6280144.jpg




浴場です。檜の浴槽に、加温ながら、うれしい源泉掛け流しの湯
気のせいか、ちょっと黄色味がかって見え、気のせいか、クンクンすると、微々硫黄臭を感じました
P6280126.jpg P6280127.jpg
めっきり、温泉めぐりの回数が減ったせいか成分は薄いらしいですが、家の水道水風呂との差は歴然で、肌触りも良く、十分満足な浴感でした



時間を気にせずに行ったら、残念ながら、食事処は中休みだったので、お休み処で、クリームあんみつをいただきました。
手作りあんこが、美味しかったです。

お部屋の画像が暗いですが、この後、貸切状態だったからか、スタッフの方がセルフサービスの番茶を持って来てくれ、電気もつけてくれました。クリームあんみつ 500円です。

     
P6280136.jpg 


P6280135.jpg



その時、興味津々の個室家族風呂について質問すると、家族風呂を借りると、大浴場も利用できると言う事でした。
最初に聞かなかった事を後悔しつつ、「次回のお楽しみにしましょ」と話していると、うれしい事に、スタッフの方が、「よかったら見学どーぞ」と




ラッキー




家族風呂は、二階で、廊下はピカピカでした
P6280142.jpg


画像は、さくらのお部屋です。
8畳の明るいお部屋でした。(16畳のお部屋もあるみたいです)
奥の窓際に見えるのが、湯舟です。
P6280139.jpg P6280138.jpg
  

湯舟には、お湯が張ってありませんでした。
予約が入ってからお湯を入れるのかしら
小ぶりの檜浴槽の新鮮湯、益々次回が楽しみです。(ずいぶん経った現在、まだ未湯です
P6280137.jpg
個室家族風呂は、部屋貸し1時間半 2800円 以降30分ごとに 900円です。



思い出したら、行きたい病発症です
テーマ:温泉サイコウ!
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。