自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中華そば「みやこ家」&チョッピリ+ (#^.^#)
2013年08月29日 (木) | 編集 |
おはようございます

実は、この宝詰め今週の火曜日から始めました
自然体でありのまま~修正しないで、アップしますね~
                                          



パソコンが変わり、移した画像が混乱してしまいウエルカムウエルカムのご飯の画像を、なかなかダウンロードできずで
お待たせしています

も少し待っていて下さい



そして、今日は、本元の病いの受診日で、朝から、お水のみですが、ヒロお兄さん&遠霞さんのところにお邪魔したら、美味しそうなラーメン達

もうお腹がグ~グ~
遅いお昼は、病院内レストランですが、たぶんラーメンを食べるでしょう



それでは、ラーメンつながりという事で、サラリアップのはじまりはじまり~~~



ヒロお兄さんの所のトロリスープつながりという事で、栃木のさくら市にあるみやこ家さんです

あっさりもありますが、濃厚がウリなんじゃないかと思います



こちらは、温泉公方がいつも注文する濃厚味噌そば
NCM_0366.jpg
クリック拡大していただくと更によくわかりますが、トロトロより幾分ドロリに近い感じでで、名前の通りの濃厚スープです
豚骨魚介のスープらしいですが、今結構多い、魚の味が全面に出ているスープではなく、かといって、動物臭さもなく、お互い調和がとれているスープに感じました
ドロリとしている割に、途中で重く案じることなく、最後まで美味しく食べられるのではないかと思います
お野菜もシャキシャキたっぷり口コミでは薄いと書いてあるチェーシューですが、それほど薄さも感じず美味しくいただきました
あまり、とろけすぎるチャーシューだと、途中でムカムカしてしまうのんですが、パサパサもせず、柔らかく、ちょうどいい感じでした
あたためたチャーシューではありませんが、麺に沈めて、スープを絡めて食べるようにとの案内がありましたよ~
そして、お隣の方のチャーシューメンのチャーシューは、とっても厚っこかったので、口コミにより改善されたのかもしれません
大好きな味玉も、黄身がネットリ美味しかったですよ~



麺にズ~~ム
NCM_0367.jpg
正式には、これはのんが食べた麺ですが、同じ麺なので、真ん中にペタリしました
中太やや縮れですかね~
ドロリスープが絡まっているのがわかりますね~
何も言わなくても、麺は固めで、しっかりした感じの麺だったと思います
(柔らかめがお好きな方は声をかけるといいかもです
あ~~~、お腹空きました



のんの注文は、濃厚味噌ネギです
NCM_0365.jpg
どうもネギ好きなので、ネギラーメンがあると、オーダーする事が多いです
大好きなんですが、たくさん入っていると、途中疲れてしまい
今回は、ネギの塩味で、薄味に慣れたのんには、少々濃いめでしたし、これからは、普通のにしようと改めて思いました(果たして反省が生かせますか
ちなみに温泉公方が食べた濃厚味噌は、好みの塩加減ででGOODでした



サイドメニューから、石焼チャーハンです
NCM_0369.jpg
ジュージュー、熱々の石鍋です
石焼ビビンバと同じように、良く混ぜ混ぜして、石にくっつけて、カリッとさせていただきますよ~
大きさがわかりづらいですが、これはラーメンとのセットメニューなので、小さく
ご飯の量は、お茶碗軽く1杯分位でしょうかね~(単品でおっきいのもありますよ
お値段も¥280とリーズナブルです

のんが、少し分けてもらう感じだったのですが、甘辛細チャーシューの他に、レタスも入っていて見た目よりしつこくなく食べられるので、もう少しもらいたかったです
その位でちょうどいいのですよね~
ちなみに、ラーメンも、のんは、温泉公方のラーメンを味見程度もらい、のんのラーメンの麺を中心に半分弱温泉公方にあげると、温泉公方は大盛りにしないでちょうどいいです
2つの味も楽しめますしね~



ラーメンも、好みにより、同じラーメンでも、好きで通ってる方、苦手な方と色々ですが、ここのラーメンものん達は大好きです
そして、こちらのうりはつけ麺みたいです
石焼鍋のグツグツスープで、麺はうどんのような極太です
また、ラーメンも濃厚じゃなくあっさりもあるし~
カレーつけ麺も気になるし~
お隣の方が召し上がっていた、ピリ辛みたいなラーメンも気になるし~
いつも同じものを食べがちなので、色々と試してみたいと思います



そしてそしてこれを書き始めた火曜日、先輩達のラーメン記事に思い切り煽られ、病院内レストランで、ラーメン食べちゃおうかなんて思っていましたが、実際は、あえてラーメンはやめておき、違うメニューを美味しくいただきましたよ~

海老と卵の炒め物でした
NCM_0423.jpg
ちょっとレア気味の卵がたくさん入ってました
キクラゲだと思ったら、切り昆布でしたが、これもたくさん入っていて、ヘルシーでした
スポンサーサイト
テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ
お詫び&キティーコレクション(=^・^=)
2013年08月19日 (月) | 編集 |
おはようございます

猛暑が続いていますが、皆さん暑さに負けずお過ごしでしょうか

さて、今年のお盆休みは、土日の位置がよく、通常、カレンダー通りなので、途中月曜日に出勤しましたが、のんとしては長いお休みとなりました

いつもなら、連泊で、温泉へとでかけるところですが今年は、初盆という事で、実家に通う日々でした

田舎なので、ご近所を含めたくさんの方に来ていただき(たぶん100人以上だと思います)、のんママもうれしいかったのではないかと思います

父方の遠くの叔父叔母が宿泊していたりで、慣れない接待に、仕事以上に疲労したのんですが
お盆後少しゆっくりできたので、お休み明けちょっぴりだるいですが、気を引き締めているところです

そんなことで、うれしいコメントのお返事が、またまた遅れていますが、もう少しお待ち下さいね

みんなの宝箱クリックでとべます)の方にも、常連さんがまたおひとり帰ってきてくださっているようで
後程ゆっくり拝見します




画像は、後輩にいただいた、キティ~ちゃんの、キラキラストラップです
pic20130819083113.jpg

出産祝いのお返しとかで(いらないのに~)、他にも、キティちゃんグッズいただきました

さっそくスマホにつけました
テーマ:コレクション
ジャンル:趣味・実用
天然温泉源泉掛け流しの宿                                リフレッシングイン ウェルカム・ウェルカム (温泉編)
2013年08月08日 (木) | 編集 |
こんにちは~

晴れていても、曇っていても、蒸し暑い日が続いていますね~
作物などにとって、こういう季節も必要なので、我慢我慢です

それでは少し涼んでいただけますよ~に
タイムマシーンにのって、雪国に
GO~


と、いう事で、ここは、オーストラリアではなく、冬の福島、天鏡台です

久々の続きですので、見逃した方は、こちらを
                 
天然温泉源泉掛け流しの宿  リフレッシングイン ウェルカム・ウェルカム(施設編 )
天然温泉源泉掛け流しの宿 リフレッシングイン ウェルカム・ウェルカム (お部屋編)


今回は、「天然温泉源泉掛け流しの宿 リフレッシングイン ウェルカム・ウェルカム」の温泉をご紹介したいと思います

昨冬の初めの事なのに、いつも以上に記憶が薄くなってしまっていますが、画像だけでもお楽しみいただければと思います



それでは、はじまりはじまり~~

こちらは、ペンションですが、建物からでは、想像もつかないガッツリした極上湯が鎮座しています
それも、源泉かけ流しの、徹底した湯守がなされた、湯づかいも極上の湯なんです

そして、この極上湯を、貸切でいただくことができます



お部屋編でも書きました
お部屋にはこんなシステムがありました
IMG_0695_20130808104205bd7.jpg
使用中は点灯します
そして、「向かう間に、使用中になる事もあります」と、細かい案内もありました



まずは、内湯のご紹介です

内湯は、玄関やフロントから伸びる廊下の突き当たりにあります
IMG_0699.jpg
こんなペンションらしいドアですが中はびっくりなんです
左の表示「窓の開け方で、湯温を調節しているので、窓の開閉をした時には、元の開け幅に戻して下さい」という表示です
すごい湯守でしょ~
こちらのお宿は、表示が多いのも特徴です
はっきりはおっしゃりませんでしたが、考えられない事が起きるようです
お客様すべてが気持ちよく、また、お宿のメンテも保たれるようにとの、苦肉の策なのでしょうね



ドアを開けると脱衣スペースです
IMG_0700.jpg
貸切ですので、籠の数もだと思います
そして、右に写っているドアの向こうがパラダイスです~



オ~~プン
オ~~~~
IMG_0703.jpg
とっても清潔な、気持いい湯殿なんですが



床の蓄積物です~~
IMG_0704.jpg
模様じゃないんです
まるで、鍾乳洞の千枚皿のようです(形は不ぞろいですがね
これだけの物を作ってしまう湯
脱帽
です
そして
掛け流された湯により、この蓄積物ができるという事なので
 



掛け流っている浴槽は~
こんな感じ~

IMG_0705.jpg
改めて見たら、すごいですね~
とっても、綺麗なお宿で、手入れもしっかりされていますので誤解がないように~
その努力も到底敵わない湯力なんですね~
ちょっと暗く、すごい湯気の中撮っているので、余計ですかね~
と、いう事で



もう1枚パチリ
IMG_0745.jpg
少し明るく撮れましたね
はわかりづらいですが、茶笹微濁りの湯でした
あ~~
入りたくなってきました~~
温泉公方も、とっても気に入り、帰ってすぐにりピートの空き情報をチェックしていましたっけ
浴感は、キコキコし、そのあとスルッとする感じでした(あくまでものんの感想です



あまりにグロイ感じに撮れているので、HPの画像をお借りしてペタリ
ons-pic2-2.jpg
お~~
さすがプロの画像です
良い色してます



湯口です
IMG_0747.jpg
味は、色通りの鉄味+微塩味だったと思います
こういう湯は、すんごい味でオエって感じの事もありますが
ここの湯は、そこまでではなかった気がします(感じ方は、個人差大ですがね
でも、飲泉については書いてないので、自己責任で試飲してくださいね
温泉公方は、のんより、温泉ツーですが、けっして飲みません
公方様なので、お腹もデリケートなので
飲泉許可があれば飲みますかね



湯船はすんごい事になっていますが、他はいたって綺麗です
大理石張りで、照明も落ち着いて入浴できるいい感じです
IMG_0707.jpg



洗い場もこんなに綺麗~
IMG_0701.jpg

IMG_0708.jpg
このお花柄の洗面器が気に入りました



シャンプー コンディショナー(トリートメント)ボディーソープなども充実しているほうでは 
IMG_0709.jpg
洗顔フォームもありますし~
メンズ用トニックシャンプー
IMG_0710.jpg
ウエルカムって書いてありますが、きっと色々な方がいるのでしょうね
IMG_0711.jpg
そして、のんもダブのボディーソープ使ってます~
最近は、低刺激のものを



内湯の最後に、もう1枚
湯力(蓄積物)
を~
IMG_0748.jpg
あ~~
会いたいです





次に、貸切で使用する露天風呂のご紹介です
場所は、玄関 フロントからのびる1本廊下の途中右側です
内湯に行く途中です

露天風呂は、ペンションなのに、湯小屋が別にあり、通路でつながっています



廊下の湯小屋入り口です
IMG_0673.jpg
かわいいくまさんの案内と共に貼られているのは
このドアの開閉の仕方
(間違うと傷がつく
シャワーの水圧が弱いので、洗髪は、内湯で
という案内
です
お客様の気持ちを考えた案内ですね
そして、このドアの向こうの通路の奥には~



湯小屋があります
ドアを開けてパチリ
簡単な脱衣スペースですが、貸切ですし、暖房もあり(季節外れでごめんなさい)清潔感もあり合格です
IMG_0674.jpg
左側のドアの向こうがパラダイス(露天)です
そして、鏡の左側の案内は~



源泉コックについてです
IMG_0688.jpg
窓の開け幅で温度を調整していた内湯に続き、しっかり湯守です
はい了解です



そして、入り口を入って、左側
洗い場です
IMG_0675.jpg
案内により、シャンプーは、内湯で行ったためほとんど使用しませんでしたが
貸切で、2か所のカラン&シャワーですから、しっかり設備ではないでしょうか



やっぱりかわいいので、洗面器をパチリ
IMG_0676.jpg
ちなみにのん達の洗面器は、予想通りキティ~ちゃんです



備品も十分ですよね
IMG_0677.jpg
そして~



じゃ~~ん
露天風呂です
IMG_0678.jpg
しっかり湯守のおかげで、寒い季節でしたが、本当に適温に保たれていました
好みはありますが、万人向けに、熱くもなく温くもなく
のんは、結構長湯も出来る温度でした
でも、こういう系のお湯は、効きますからね~
もうちょっといけると思う所で出ないと何度も入れなくなりますよ~



もう1枚パチリ
IMG_0679.jpg
ウエルカムかどうかは忘れてしまいましたが
天鏡台温泉に憧れ以前ネットで見ていた画像は、もうちょっと赤茶色で濁りが強かったのですが、思っていたより、色も濁りもマイルドでした
源泉は同じですので、色や濁りがマイルドという事は、新鮮って事だと思います
例外はあるかもですが、源泉は、空気に触れたり、時間が経過すると色がついたり、濁ったりする湯が多いようです
なので、色つきや濁り湯で透明に近かったりすると、逆にうれしいのん達です
中藤屋さんで、朝那須湯本鹿の湯源泉(白濁が多いです)の透明な湯の半身浴が出来た時は感動しました
日帰り施設「鹿の湯」では、ず~いぶん前ですが、湯をあえて寝かせて使用していたみたいですが、今はどうなんでしょ
激混みが多く、しばらく行ってませんので~
話が脱線しました



湯口です
IMG_0680.jpg
見づらいですが、浴槽の大きさ、貸切という事で1度の入浴人数も少ないという事から考え、納得量の投入でした
加温加水なしでも、湯船の大きさに対して、あまりに投入量が少ないと、上にも書きましたが、湯の劣化が早まります(湯に対してはとってもわがままですみません
なので、あっつい湯の共同では、ジャンジャン源泉を入れて、加水しているところも多いですね
その気持ち良さは、やっと最近知りました
なにしろ、掛け流る排水ももったいないと思う、温泉なし地域に住むのんですから、少しでも濃い湯と思い、どんなに熱い湯でも、極力加水はしませんでしたから~
でも、なんてったって加水しないですむ湯使いが出来る新鮮湯がやはりベストですがね~
またまた話が脱線しました



こちらも見づらいですが、掛け流された湯の出口です
上から見たところですね
IMG_0687.jpg
湯船の縁全体から、単純にかけ流された湯は、下の通路を流れて、お庭側に廃湯されていました
上の湯船写真の方がかえってわかりやすかもです
源泉100%(加水加温なし)掛け流しで、新鮮な極上湯です



上にもチラッと写っているくまさんをパチリ
IMG_0684.jpg
これは、温度計です
かわいいです
欲しいな~



湯船の大きさはこんな感じです
IMG_0685s_2013080612333464d.jpg
こうして入れば3人はいけますかね



こうして入っても
IMG_0686s_20130806123333cb2.jpg
2人で余裕です



景色です
IMG_0690.jpg
周りは別荘地ですが、敷地内と、柵の向こうに見える自然で、十分癒されました
これは夕方で、ちょっと幻想的な感じでした



もう1枚
IMG_0682.jpg
こんな大木もあったんですね~
きっと、別荘地になる前から、この地を見ている木さんですかね~



朝のパチリ
IMG_0752_20130218223149.jpg
朝日で雪がまぶしかった記憶です



もう1枚
IMG_0753_20130218223149.jpg
立派な柱の屋根がかかっている湯殿で(雪国にはうれしいですね)、ペンションという事を忘れてしまいそうですね~
綺麗です~
少し涼しい感じになりましたか~



最後に、撮影した分析書がよく撮れなかったので、HPからお借りしてペタリ
興味のある方はクリックしてみて下さい
       
天然温泉源泉掛け流しの宿 リフレッシングイン 温泉のご案内
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。