自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊東温泉 全館源泉かけ流し 湯の宿いづみ荘 (お部屋編)
2010年10月26日 (火) | 編集 |
いづみ荘の、お部屋編のはじまりはじまり~~(紙芝居風に


お宿への直接予約ではありませんでしたが、代理店の要望欄には、「出来れば眺めの良い部屋を…」と記しました
旅行代理店からは、
宿にリクエストしましたが、ご希望に添えない事もあります」との返事がありました。
いいんですよ~要望は要望で、叶わないのは仕方ないですもの
しかし、ちょっと、期待しちゃってたのんでした
さ~どんな部屋だったしょう
先に進みます~



お部屋は、本館「山吹でした。
PA132995.jpg



入り口の靴を脱ぐ所たたき(三和土)っていうんでしたか)が、非常に広かったです
PA132982.jpg



その、たたきには、こんな椅子が置いてありました。
PA133030.jpg
ほんと、ゆったりしていました。
バリヤフリーではありませんが、お年寄りや、身体の不自由な方にはうれしいと思います。



そして、入口からまっすぐ行った所に、水回りがありました。


早く見たかったのが、この浴室です。
檜の浴槽
PA132984.jpg
シャワー付きカラン完備です
写ってませんが、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープもあり髪もサラサラになるいい物でした




そして、普段部屋風呂は使用しませんが、今回は、部屋に入ると同時にお湯をいれまし
P1020513.jpg
もう、おわかりの方が多いと思いますが、部屋風呂も温泉でした
露天風呂ではありませんが、温泉好きののん達は、お手頃価格での温泉付きの部屋というだけで、メチャクチャ評価が上がってしまいます
窓からもホテルを含む街並が見えるだけですが、部屋に温泉があるだけで満足な2人です




ちょっと、熱めの良い湯が、凄い勢いで出ました
触ってみると、浴感が強いわけではありませんが、ほのかなスベスベ感を感じ、間違いなく温泉でした。
P1020514.jpg
そして、もうひとつ良い湯の証拠がありましたよ
上の投入蛇口をよ~~く見て下さい
先の方に、蓄積物がしっかり付いていました
毎日の清掃は徹底していると思いますから、それでも、蓄積物が付くいい温泉ということだと思います

このほか、ウォシュレット付のトイレと、アメ二ティーも豊かな使いやすい洗面台がありましたが、お風呂に興奮して、すっかり撮影を忘れてしまいました



玄関ホール(広いのでそう呼びたくなります)に戻り、に行くとお部屋です
まず、右手前の扉を開くと
PA132985.jpg



こんな部屋
(開けた扉は、今度の画像では左の扉ですよ
PA132986.jpg
広さは6畳次の間ですかね~
のん達が、お湯目的で宿を選ぶ時は、この位の広さで、もう少し年季の入ったお部屋に泊る事も多いです



そして、次の間から、主部屋を撮ってみた画像です(逆光ですね)
窓からの景色もチラッと見えていますが、あとでご紹介しますね~
PA132987.jpg
画像の左上に写っているスペースは



区切られた鏡台の間
洋服かも、このスペースにありました。
PA132988.jpg
その隣には



景色を見渡せる広縁
PA132989.jpg
画像だと分かりづらいですが、とてもゆったりサイズの椅子で、1脚に2人座れそうな感じでした。



広縁の方からもお部屋を撮ってみましたよ~
PA132990.jpg
こちらは、明るく撮れました
2人では、勿体ない位十分すぎる広でした(貧乏性なのん



それでは、お待ちかね(待ってなかったですか~)要望にも書いた、景色はどうだったか紹介します~
広縁の窓に立って右から

こんな感じ
P1020439.jpg
伊東温泉の宿が何軒か見渡せました
伊東温泉は、宿があちこちに点在しているようですが、温泉街ってどこなんでしょうあるのかな~

そして画像の一番遠くに円形の建物が見えますが、そこは



いと~にゆくならは・と・や~のCMでおなじみの「ハトヤ」でした
物心ついた頃から盛んにCMが流れていたので、思わずハトヤに反応したのんでした
P1020440.jpg
とても大きなホテルですが、こちらの部屋風呂も温泉引いてみたいです。
ちなみに、ハトヤのお隣の「じゅらく」も部屋風呂温泉だと温泉公方が言ってました~。
伊東、恐るべしです~

少し視線を窓の真ん中に移すと

こんな景色
いづみ荘の日本庭園です
真ん中より少々右の木の間に、撮り忘れた立派な鯉が泳ぐ池もチラッと写っていましたね
P1020441.jpg
何回見ても飽きない素敵な庭でした。
紅葉するとまた、きれいなのでしょうか(木々にくわしくないのんです


そして、お部屋のテーブルには、こんな気のきいたものが置いてありました


木々の説明等が入っている庭園の案内図です
ちょっと、にじんでしまっていましたが、なるほどという気持ちの方が強かったです~
P1020443.jpg



そして、もう少し左に目を写すと
源泉かけ流しプールがありました
プールの向こう側の建物が大浴場で、手前が女性、その先の全景と湯抜き屋根が写っているのが、男性風呂でした(入れ替えなしでした)
PA132992.jpg
画像でもお分かりいただけるように、こんな桃源郷のような敷地を一歩でると、そこはすぐ伊東の賑やかな町並です(駅の近くですからね)



こんな景色をみて、なるほどと思ったのですが
P1020445.jpg
いづみ荘の目指すおもてなしは壺中」です

ここで、壷中の説明を入れますが、スルーする方は青文字をとばして下さい
昔、中国に費長房という役人がいて、何気なく役所の窓から往来を眺めていると、城壁の下に座って一人の老人が薬を売っている。気になり、仕事が終わってから、老人をたずねる。老人は、横に小さな壷を置いていた。老人は、店をたたんで、壷の中にハッと入って見えなくなってしまった。面白いものを見つけた、仙人でなないかと思い、神秘なものを見せてもらおうと考えた。次の日の夕方、そこへ出かけていって、昨日壷の中に入って消えたところを見てしまったと告げた。是非とも今日は自分を一緒に壷の中へ連れていってくれないか、とお願いした。老人と一緒に、その壷の中へ入って行った。その中には美しい山水があり、金殿玉楼があって、歓を尽くして帰してもらった、という話である。これが壺中の中に天がある。壺中、天有り。日常の生活の中に一つの別天地を持つことを「壷中の天」という」そうです。

と、いう事で、時を忘れて心静かにすごせるひと時こそが、いづみ荘のおもてなしだそうで、妙に納得したのんでした



施設編でも触れた部屋のウエルカムお菓子も「壷中」でした。
PA133027.jpg
小さくてお上品な美味しい餡が入っているお菓子でした。
売店での売り上げも、NO.1だそうです



お菓子の隣には、こんなものも
お茶のセットではありません
温泉パックのセットです
男性は、スルーネタでしょうか
いえいえオシャレな男性は必見です
PA133029.jpg
右のかわいい花柄の入れ物朝汲んだ新鮮な温泉水が入っていて、それを、左のさかずきの様な器に注ぎ真ん中のフェイスマスクを浸しパックするんですって~
のんは、散々浴場で、顔をパシャパシャしてきたので、パスしましたが、オシャレな女性や男性には、とてもうれしいサービスかも
ほんと、温泉を有効利用している宿ですね




そして、同じテーブルにはもうひとつ
2つの鍵です
2人(以上)で大浴場に行く時には大活躍でいつも重宝しているのですが…
PA133022.jpg
上でもご紹介しましたが、いづみ荘の大浴場は1ヶ所で、その外は源泉プールサイド&日本庭園なのです。
なので、そこで、涼みながらまったりするのも至福の時で、始めて鍵を1つしか使いませんでした
寒い冬や、暑い夏は、他の宿の様に、2つの鍵が非常ありがたいものとなるのでしょうがね



次に、この家具はなんだと思いますか
のんは、和風の食器棚かなと思いながら撮影しましたが
PA132993.jpg
少し経って気がついたら、温泉公方が開いてテレビをみていました
これは、テレビラックだったのです
しまうとオシャレな家具のようで、こだわりを感じました



用意されている浴衣も2組ずつ
これも、汗をかく温泉三昧組にはうれしいサービスです
PA132994.jpg
のんは、黄色をお風呂&寝る時に来て、ピンクを食事処での食事用にしました

最後に、のんのお願いを聞いてくれてとても眺めの良い部屋をご用意下さったと思います
いづみ荘さん、そして、要望を伝えてくださった旅行代理店さんありがとうございました

次回は、温泉編の予定です~
いづみ荘の、お部屋編のはじまりはじまり~~(紙芝居風に


お宿への直接予約ではありませんでしたが、代理店の要望欄には、「出来れば眺めの良い部屋を…」と記しました
旅行代理店からは、
宿にリクエストしましたが、ご希望に添えない事もあります」との返事がありました。
いいんですよ~要望は要望で、叶わないのは仕方ないですもの
しかし、ちょっと、期待しちゃってたのんでした
さ~どんな部屋だったしょう
先に進みます~



お部屋は、本館「山吹でした。
PA132995.jpg



入り口の靴を脱ぐ所たたき(三和土)っていうんでしたか)が、非常に広かったです
PA132982.jpg



その、たたきには、こんな椅子が置いてありました。
PA133030.jpg
ほんと、ゆったりしていました。
バリヤフリーではありませんが、お年寄りや、身体の不自由な方にはうれしいと思います。



そして、入口からまっすぐ行った所に、水回りがありました。


早く見たかったのが、この浴室です。
檜の浴槽
PA132984.jpg
シャワー付きカラン完備です
写ってませんが、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープもあり髪もサラサラになるいい物でした




そして、普段部屋風呂は使用しませんが、今回は、部屋に入ると同時にお湯をいれまし
P1020513.jpg
もう、おわかりの方が多いと思いますが、部屋風呂も温泉でした
露天風呂ではありませんが、温泉好きののん達は、お手頃価格での温泉付きの部屋というだけで、メチャクチャ評価が上がってしまいます
窓からもホテルを含む街並が見えるだけですが、部屋に温泉があるだけで満足な2人です




ちょっと、熱めの良い湯が、凄い勢いで出ました
触ってみると、浴感が強いわけではありませんが、ほのかなスベスベ感を感じ、間違いなく温泉でした。
P1020514.jpg
そして、もうひとつ良い湯の証拠がありましたよ
上の投入蛇口をよ~~く見て下さい
先の方に、蓄積物がしっかり付いていました
毎日の清掃は徹底していると思いますから、それでも、蓄積物が付くいい温泉ということだと思います

このほか、ウォシュレット付のトイレと、アメ二ティーも豊かな使いやすい洗面台がありましたが、お風呂に興奮して、すっかり撮影を忘れてしまいました



玄関ホール(広いのでそう呼びたくなります)に戻り、に行くとお部屋です
まず、右手前の扉を開くと
PA132985.jpg



こんな部屋
(開けた扉は、今度の画像では左の扉ですよ
PA132986.jpg
6畳の広さでしたか、次の間ですかね~
のん達が、お湯目的で宿を選ぶ時は、この位の広さで、もう少し年季の入ったお部屋に泊る事も多いです



そして、次の間から、主部屋を撮ってみた画像です(逆光ですね)
窓からの景色もチラッと見えていますが、あとでご紹介しますね~
PA132987.jpg
画像の左上に写っているスペースは



区切られた鏡台の間
洋服かも、このスペースにありました。
PA132988.jpg
その隣には



景色を見渡せる広縁
PA132989.jpg
画像だと分かりづらいですが、とてもゆったりサイズの椅子で、1脚に2人座れそうな感じでした。



広縁の方からもお部屋を撮ってみましたよ~
PA132990.jpg
こちらは、明るく撮れました
2人では、勿体ない位十分すぎる広でした(貧乏性なのん



それでは、お待ちかね(待ってなかったですか~)要望にも書いた、景色はどうだったか紹介します~
広縁の窓に立って右から

こんな感じ
P1020439.jpg
伊東温泉の宿が何軒か見渡せました
伊東温泉は、宿があちこちに点在しているようですが、温泉街ってどこなんでしょうあるのかな~

そして画像の一番遠くに円形の建物が見えますが、そこは



いと~にゆくならは・と・や~のCMでおなじみの「ハトヤ」でした
物心ついた頃から盛んにCMが流れていたので、思わずハトヤに反応したのんでした
P1020440.jpg
とても大きなホテルですが、こちらの部屋風呂も温泉引いてみたいです。
ちなみに、ハトヤのお隣の「じゅらく」も部屋風呂温泉だと温泉公方が言ってました~。
伊東、恐るべしです~

少し視線を窓の真ん中に移すと

こんな景色
いづみ荘の日本庭園です
真ん中より少々右の木の間に、撮り忘れた立派な鯉が泳ぐ池もチラッと写っていましたね
P1020441.jpg
何回見ても飽きない素敵な庭でした。
紅葉するとまた、きれいなのでしょうか(木々にくわしくないのんです


そして、お部屋のテーブルには、こんな気のきいたものが置いてありました


木々の説明等が入っている庭園の案内図です
ちょっと、にじんでしまっていましたが、なるほどという気持ちの方が強かったです~
P1020443.jpg



そして、もう少し左に目を写すと
源泉かけ流しプールがありました
プールの向こう側の建物が大浴場で、手前が女性、その先の全景と湯抜き屋根が写っているのが、男性風呂でした(入れ替えなしでした)
PA132992.jpg
こんな桃源郷のような敷地を一歩でると、そこはすぐ伊東の賑やかな町並です(駅の近くですからね)



こんな景色をみて、なるほどと思ったのですが
P1020445.jpg
いづみ荘の目指すおもてなしは壺中」です

ここで、壷中の説明を入れますが、スルーする方は青文字をとばして下さい
昔、中国に費長房という役人がいて、何気なく役所の窓から往来を眺めていると、城壁の下に座って一人の老人が薬を売っている。気になり、仕事が終わってから、老人をたずねる。老人は、横に小さな壷を置いていた。老人は、店をたたんで、壷の中にハッと入って見えなくなってしまった。面白いものを見つけた、仙人でなないかと思い、神秘なものを見せてもらおうと考えた。次の日の夕方、そこへ出かけていって、昨日壷の中に入って消えたところを見てしまったと告げた。是非とも今日は自分を一緒に壷の中へ連れていってくれないか、とお願いした。老人と一緒に、その壷の中へ入って行った。その中には美しい山水があり、金殿玉楼があって、歓を尽くして帰してもらった、という話である。これが壺中の中に天がある。壺中、天有り。日常の生活の中に一つの別天地を持つことを「壷中の天」というそうです。

と、いう事で、時を忘れて心静かにすごせるひと時こそが、いづみ荘のおもてなしだそうで、妙に納得したのんでした



施設編でも触れた部屋のウエルカムお菓子も「壷中」でした。
PA133027.jpg
小さくてお上品な美味しい餡が入っているお菓子でした。
売店での売り上げも、NO.1だそうです



お菓子の隣には、こんなものも
お茶のセットではありません
温泉パックのセットです
男性は、スルーネタでしょうか
いえいえオシャレな男性は必見です
PA133029.jpg
右のかわいい花柄の入れ物朝汲んだ新鮮な温泉水が入っていて、それを、左のさかずきの様な器に注ぎ真ん中のフェイスマスクを浸しパックするんですって~
のんは、散々浴場で、顔をパシャパシャしてきたので、パスしましたが、オシャレな女性や男性には、とてもうれしいサービスかも
ほんと、温泉を有効利用している宿ですね




そして、同じテーブルにはもうひとつ
2つの鍵です
2人(以上)で大浴場に行く時には大活躍でいつも重宝しているのですが…
PA133022.jpg
上でもご紹介しましたが、いづみ荘の大浴場は1ヶ所で、その外は源泉プールサイド&日本庭園なのです。
なので、そこで、涼みながらまったりするのも至福の時で、始めて鍵を1つしか使いませんでした
寒い冬や、暑い夏は、他の宿の様に、2つの鍵が非常ありがたいものとなるのでしょうがね



次に、この家具はなんだと思いますか
のんは、和風の食器棚かなと思いながら撮影しましたが
PA132993.jpg
少し経って気がついたら、温泉公方が開いてテレビをみていました
これは、テレビラックだったのです
しまうとオシャレな家具のようで、こだわりを感じました



用意されている浴衣も2組ずつ
これも、汗をかく温泉三昧組にはうれしいサービスです
PA132994.jpg
のんは、黄色をお風呂&寝る時に来て、ピンクを食事処での食事用にしました

最後に、のんのお願いを聞いてくれてとても眺めの良い部屋をご用意下さったと思います
いづみ荘さん、そして、要望を伝えてくださった旅行代理店さんありがとうございました

次回は、温泉編の予定です~
テーマ:温泉旅行・温泉宿
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
広いですね~
それにしてもお部屋、広いですね。のんびり、くつろげそうだな~。次の間があると荷物がごちゃごちゃしなくていいですよね。
お風呂も湯量、豊富でいいですね。こんなにいっぱい温泉が出ると気持ちいいだろうな~。宿のHP見ましたけど、毎分500㍑もの湧出量があるからこそですね。温泉街の宿でもこれだけ広い日本庭園があると、景色もOKですね!
2010/10/26(Tue) 01:39 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
banさ~ん
いつもありがとうございますm(__)m

まだ、アップを始めてばかりですが、宿全体が、ゆったりしていました~(*^^)v
癒しの旅となりました~(^^)

湯量が、豊富なので、全館源泉かけ流しが、いい状態で保てて、温泉好きも脱帽だと思います!
これから温泉編ではありますが^^;
特徴が強い湯ではなくても、新鮮掛け流しの湯は
、十分満足できますよね♪

庭園、画像で伝わって良かったです☆
新たな出発をしたお宿ですが、あの庭園は、歴史を物語っていました。
2010/10/26(Tue) 19:04 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
いいなぁ~♪
大旅館も時にはいいものですね。サービスもいっぱいあるし(^^) のんちゃんが温泉に満足されているのが画面から伝わってきて、とてもいい感じですよ♪
食事も満足だったのかな?
2010/10/26(Tue) 19:38 | URL  | ヒロ #iXsdpytw[ 編集]
いづみ荘だったんですね♪
のんさん、こんばんは^^
先日はウチのブログにコメントくださってありがとうございましたm(_ _)m
あの後、お邪魔したらご旅行にいらしてるって書いてあったのでどこの宿かなぁ?と思っていたんですよ^^いづみ荘にいらしてたのですね♪
平日でJRのお得なプランというと、、、もしかして「ジャ○ト伊豆」でしょうか???
実は私もこのプランがお気に入りで、また使いたいと思っているのですが、次の候補の宿がいづみ荘なんです^^そんな訳でワクワクしながら拝見させて頂きました。
行くなら母と妹と3人で、と考えているのですが女子ウケしそうなサービスが盛りだくさんですね~♪♪
お部屋も、と~っても素敵!露天ではないけど温泉が出る内湯はポイント高いですよね。スペースも広々としててのんびりくつろげそうです。
温泉編、お食事編と続くのでしょうか~、楽しみにしてま~す(^_-)
2010/10/26(Tue) 21:16 | URL  | ポルポ #EixbK/h6[ 編集]
Oh
おぉ~、客室のひのき風呂かなりゴージャスですね~☆
新鮮な湯がドバドバで気持ち良さそう~!(^^)!
それに湯口付近に温泉成分が付着している様も実に嬉しい光景ですね♪
高級宿だと研磨しちゃうところもあるけど、最近は本物の温泉にこだわる人が増えて来たので、このままバリバリ析出物が巨大化していくことを望みます(~o~)
ところで伊東の市街地は散策とかされなかったのですか?
確かに鄙びた温泉街とかはないですが、松川沿いの散策路なんかは風情ある温泉情緒が楽しめると思うんですが。。。
伊東温泉といえば、東海館の見学が必須コースですが、今回はスルーしちゃったかな?(^^;)
2010/10/26(Tue) 22:44 | URL  | りんく #aUL.mmIM[ 編集]
ヒロお兄さ~ん(^^)/
いつも、ありがとうございま~す(@^^)/
のん達は、小さめの静かな宿に泊まることが多いですが、そんな中では、34部屋ですので、確かに大きいほうですね~!
でも、いづみ荘は、満室時にも静けさが保たれるよう設計されているそうで、チェックインが何組か重なって1番人が集まった空間でしたが、施設編で見ていただいたように、広いロビーに余裕を持ってソファー?が配置されているので、ほとんど、他のお客様の存在が気になりませんでしたよ~!
温泉は、予想以上にやさしい良い湯で、ほんと満足しました(^^)v
食事(^.^)?
まだ、な・い・しょで~~す(^'^)
言っちゃったら、アップ、サボりそうなので^^;
気長待ってて下さいね!(^^)!
2010/10/26(Tue) 23:47 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
あらっ!ポルポ さ~ん(^_^)/
ようこそ「のん」の宝箱へ(^^)v
遊びに来てくださっていたのですね!うれしいです~<m(__)m>
いきなり「ピンポ~ン」正解です。
まだ、未発表でしたが、「ジャ○ト伊豆」です!
次回のアップで正式にコクリます~(*^^)v

お母様と妹さんとですか(^^♪お母様うれしいでしょうね!同姓の姉妹がいてうらやましいです(^'^)♥

施設編には、書き忘れましたが、マッサージ&エステみたいな施設もありますし、温泉はいいし、お庭はきれいだし、…女子うけ間違いなしだと思います!
お食事は、好みがあると思いますので、気長にのぞきに来てくださいね(^^ゞ
2010/10/27(Wed) 00:08 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
りんくさ~ん(^o^)丿
見てくれて、ありがとうで~すm(__)m

檜の浴槽、小さめで、1人ならゆったり、あとは、仲良しの2人専用という感じですが、熱めのいい湯がドバドバ出て、ほんと幸せでした~♥
溜まってからは、温泉資源を大切に、チョロチョロと、適温を保つように掛け流しました(^^ゞ
なるほど、蓄積物研磨する所があるのですね~。
のんは、びっしりついている所に行く事が多いみたいです(^'^)

やはり、松川沿いの散策路が、ベストポイントなのですね!
前回の伊東で東海館とセットで行ったので、今回は駅前と、いづみ荘近辺、あとは、バスで大室山に行ったので、車窓観光しましたよ(^O^)
東海館のお風呂、入りたいです♪

2010/10/27(Wed) 00:29 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
いいじゃないですか!
こんばんは☆
部屋のお風呂まで温泉掛け流しですか?
しかもここは、たしかに改めてみたら、あの伊豆のプラン宿じゃないですか!

それでこんな破格の条件が伊東で実現するなんて…恐るべし○○○○伊豆、そしてそれを発見なさった温泉公方さま。

伊東の散策も含めて、こんないい立地のお宿が安いなんて…という感じです。
2010/10/27(Wed) 21:52 | URL  | 遠霞 #buI3a3AE[ 編集]
遠霞さ~ん(^^♪
さすが、ご存知でしたか?

初登場のポルポさんにいきなり、ビンゴ決めてもらいびっくりでした(~o~)

まだまだアップ途中ですが、料金知っちゃうと、ここまでのアップでも、お得感大じゃないですか?

ウォーキングから帰ってからだと、なかなかアップ出来ませんが、気長~に、お付き合いくださいませ^m^

恐るべし、「ジャ○○伊豆」
2010/10/28(Thu) 00:26 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。