自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
那須湯本 鹿の湯民宿街 新小松屋
2008年05月30日 (金) | 編集 |
P5240768.jpg
古い御宿ですが、清掃は行き届いていて、気持ち良く過ごす事が出来ました。
なんと言っても、ゴールデンウィークに、1泊7500円で、新鮮な、鹿の湯行人の湯混合泉(共同浴場鹿の湯と同じ)の内湯付ですから、それだけで大満足。
おまけに、食事も豪華ではありませんが、とても美味しく、特に白米が絶品です。
常連さんの話では、若だんなさんは、ごはんが売りの瑞穂蔵で修行したそうです。

P5240779.jpg
1泊目 夕食

P5250784.jpg
夕食二泊目 


P5240769.jpg
元湯温泉と書いてある前は、足湯で、建物の中が夕方から、少しの時間男湯になる浴舎です。


P5240772.jpg
これが内部で。三人位が入れる広さです。


P5240776.jpg
こちらは、夕方から、少しの時間女湯になる浴舎です。二人用といった大きさです。
色を見て下さい。鹿の湯でも微白濁です。
決して水が入っている訳ではなく新鮮なのです。
のんは、これを、透明鹿と名づけています。表通りの中藤屋の朝湯で、片方を溜めていた時に入った半身浴以来です。

わずかな時間を抜いて、どちらの浴舎も貸切式で、これも魅力の一つですね。


P5240778.jpg
部屋から見た鹿の湯民宿街通り、突き当たりに見えるのが鹿の湯です。
何年か前に石畳になりました。



鹿の湯にも、草津の様に湯畑があるんですよ。
P5250781.jpg
かわいいミニ湯畑です


鹿の湯とは反対方向に歩いて行くと、地元の方か民宿に泊った人しか入れない、共同浴場が二つあります。
宿で、最新の近づけるとピッと開く鍵を借りなくては開きません。

P5240766.jpg
まずは、御所の湯源泉の滝乃湯です。
ゴールデンウィークという事で、メチャ混みでした。内湯を持たない宿がほとんどなので仕方ありません。
それでも、湯量調整棒で新鮮湯を入れながら入れば、満足な湯です。



P5250782.jpg
こちらは、穴場的存在、行人の湯源泉の河原の湯です。
滝乃湯は、脱衣所の棚待ち状態でしたが、のんが行った時は、地元の方二人のみで、「どこどこの女将さんがどうして」と地元の話題が飛び交っていました。

久しぶりの連泊で、ゆっくりピーリング湯を楽しみ、この後、仕上げ湯として板室へと移動しました。
テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
泉質云々よりも
>のんは、これを、透明鹿と名づけています。
こんな話が好きですね。(^^)ニコ
女性の可愛らしさはいつ染み出してくるかと言えば、その人がはかなげに思えてくるとき。こっちが幾ら身勝手でも、そんなときはそっと大事に触れなきゃ、と思えてきますよね。

ところで、なんすか、ピーリング湯って?皮が剥けちゃう温泉の意?面白い。
2008/05/31(Sat) 01:12 | URL  | 岡崎宏一郎 #SiKI9aDI[ 編集]
ピーリング湯"^_^"
通じませんよね。

今までも使っていましたが、皆さんに通じているものと思っていました。
これも「のん語」でしょうかね。

強い酸性の湯に入ると、わずかに皮膚の表面が、ヌルヌル融けるような感じの事です。
あくまでも、感じなんです。

皮が剥けちゃうわけではありませんよ。(__)
草津に行くときも、ピーリングに行くと言いますので、よろしくです(^^)/~~~



2008/05/31(Sat) 01:47 | URL  | のん #RTkqi8Qk[ 編集]
私は、河原の湯も滝の湯と同じ御所の湯だと思うのですよ。はっきりとした表示はありませんが、鹿の湯・行人の湯混合泉とは明らかに違う浴感じゃありませんでしたか?私はより強いパワーのようなものを感じました。
岡崎さんなら一浴すればお分かりなんでしょうが。

次回泊られたら、滝の湯の脱衣場に掲示してある分析表を番長さんに写してきていただきたいのですが、いかがでしょうか?私のはピンボケなんですよ。

新小松屋の食事はホントおいしそうですね。白米がおいしいのなら言うこと無しです。瑞穂蔵も悪くはありませんが、おこげを売り物にしていたんでちょっと違うじゃないかと思った次第です。
2008/06/06(Fri) 18:02 | URL  | 流れ星 #eyFua8cs[ 編集]
流れ星さん、遊びにきて下さってありがとうございますe-343
滝乃湯の源泉は、あちらこちらとネットサーフィンしてみましたが、謎ですよねe-3
分析表、そうですよねe-2
いつも見るには見るのですが、写真に撮っても、ボケボケが多いし、のんは、五感で入る方なので、そちらの方は、皆さんに任せっぱなしでしてi-229
最後の朝湯は、それを確認に行ったのもあるのに、あーいい湯i-186と帰って来てしまってから、ありゃーーv-12でした。
今度機会があったら、写してきますね。v-212


>私は、河原の湯も滝の湯と同じ御所の湯だと思うのですよ。はっきりとした表示はありませんが、鹿の湯・行人の湯混合泉とは明らかに違う浴感じゃありませんでしたか?私はより強いパワーのようなものを感じました。

のん達が河原に行った時は、行人の湯と、壁に大きく書いてありました。
確かに全然浴感が違いますので、のんは、そのまま、行人の湯オンリーと思いました。御所の湯ですかv-222と、言う事は、滝の湯は、行人v-362
んんんーーi-198





2008/06/06(Fri) 19:06 | URL  | のん #RTkqi8Qk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。