自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小豆温泉 花木の宿 再訪 (施設 お部屋編)
2011年01月25日 (火) | 編集 |
古町温泉「赤岩荘」を出てからは、小豆温泉迄は、1本道
R401号線を南下し、その道が途中からは、湯の花温泉から続くR352号線となり尾瀬方面に進みます
のん達がパスした高畑スキー場を越えると、ほどなく小豆温泉ですよ
この道を、更に進むと桧枝岐温泉~尾瀬、そして、冬季を除き、新潟の方にも抜けられるそうです



こんな大きな看板があるので、見逃す事はないと思います
P1030102.jpg



駐車場から、宿をパチリ
P1030101.jpg
立派な佇まいでしょ~
そして、すごい雪でした~



玄関に続くアプローチは、しっかり除雪されていていました
P1030103.jpg



入り口前でパチリ
P1030104.jpg
入口があるこちらのが、本館です



入口を入った、広々とした空間には、まず、右側にフロントがあります。
P1030109.jpg
立派なお花が飾ってある、フロントです。
まだ、チェックインの3時にならないので誰もいませんでした(隣りにつながった事務室あり)



このフロントの前にはドン温泉分析書」が掲げてありました
フロントにあるのはめずらしい気がします。
P1030106.jpg
興味のある方は、クリックして拡大し(+)ご覧ください



こんな良く読めるのなら、こちらも全体を撮れば良かったです~
もう1枚の温泉について
P1030105.jpg
下の方に後から貼り付けた文章があったので、そこのみパチリ
大浴場は、加水ですが、沢水での加水なので、同じにはうれしいですね
また、天然温泉ですと書いてありますが、大浴場は、放流1部循環(源泉を掛け流しながら、循環もする湯使い)だと思われます。(宿には未確認)
天然温泉には違いありません
詳しくは、大浴場編で
細かい分析書がフロントに迄貼ってあり好感がもてますが、循環ろ過、塩素投入の有無も公表してもらえると、温泉好きとしては、更にうれしいですね~



フロントの左奥にある広々としたゴージャス感のあるロビーラウンジP1030107.jpg
こちらの宿は、元、南会津観光公社で運営していたようですが、第3セクター(夢開発、INA、さゆりの里)の合併により、「みなみやま観光株式会社」の運営へと変わったようです。
なので、公費を、たくさん使い豪華な造りになっているそうですが、その割合に、リーズナブルな宿なのです
ここの他台鞍スキー場、南郷スキー場、高畑スキー場、リゾートイン台鞍、さゆり荘、ホテル南郷、きらら289、窓明の湯、レストランヴォーノ、ステーションプラザ売店、会津高原憩の家、道の駅たじま等の施設を運営しているそうです。




ズ~~ム
P1030161.jpg
あと何セットこのセットがおけるだろうと思う広ーい空間に、ポンとおいてあるくつろげる椅子&テーブルでした



ラウンジの奥からパチリ
花木ロビーたつ
見事な吹き抜けで解放感バッチリですよ
亡き野口悦男さん縛りの鉢巻きをしているのは、温泉公方ですよん
これは、入浴時、入浴後、汗が目に入らず、手も空き、とても快適なんだとか

そして、奥に見えるのが売店で、その右側がフロントになります



あちらこちらに飾ってあるヴァインアート (って言うんですね
P1030164.jpg
販売もしているようで、1枚上の画像の温泉公方の左側に販売棚がみえます~


フロントの奥にある売店です
P1030108.jpg
ロビーラウンジとつながっていて、ほんと、ゴ~ジャス広々です~
地元産のお土産もありました
宿の周りにショップはないので、お土産は、こちらで買わないと、買いはぐってしまいますよ~


それでは、ここから、お部屋の御紹介です
のん達が、宿泊したのは、前回に続き、「離れ」になっている、温泉露天付きのお部屋です。
のん達にしてはめずらしいですが、こちらは、第3セクターという事もあり、その割にはリーズナブルで、離れ露天温泉付きで、2万円以下で泊まれるんです
平日だと、2人泊で1人16,950円
人数が増えるとさらにお安くなるんですよ
なので、部屋温泉がある安い宿を求めているのん達にとって、絶好のお宿なのです~
この日(12月30日)は、予約が早かったのが功を奏して、平日料金での宿泊~~~
ラッキ~~~なんてものではありませんでした
のんがとってからすぐに料金改定があり、値上げされたようで、同じ日、値上げした値段で宿泊した方がほとんどだったと思います。(ちょっと、かわいそう~


前置きはこの辺にして、離れの御紹介に移りますね~

離れには、本館からつながるこんな渡り廊下を通って行きます。
P1030136.jpg
本館のドアを開けた途端…
暖房が効かないので、チョ~~寒かったです~~
でも、この後のお部屋に着けば、そんな寒さも吹き飛びますからだいじょ~ぶ~
また、季節が良い時は、オープンな渡り廊下に変身するみたいなので、景色がきれいかもしれませんね~



渡り廊下の所々に、こんな離れへの入り口があります
P1030132.jpg



外から見ると、こんな感じですよん~
P1030217.jpg
左の建物が本館で、真ん中に見えるのが離れの渡り廊下に続く渡り廊下です~



三角の重厚な造りの屋根が並んでいますが、これが離れの屋根です。P1030216.jpg
それそれの離れがまた、密封された渡り廊下でつながっているので(雪がたくさん積もっている屋根) 雨風吹雪もへっちゃらですよ



中に戻ります
のん達が宿泊したのは、前回同様「五丸五のお部屋でした。
P1030129.jpg
他のお部屋はわかりませんが、前回宿泊時の希望欄で、眺めの良い部屋だとうれしい旨を書き、その時、人気のお部屋をご用意しましたと言われたので、たぶん、眺めがいい部屋なのだと思います
今回も、案内のお姉さんが、前回同様五丸五のお部屋をご用意させていただきましたと言ってましたので(特別に~って感じで)、間違いなく眺めが良く人気のお部屋だと思います



踏み込みというより、玄関です~。
P1030123.jpg



玄関を右に入ったお部屋
こんな感じ~~。
囲炉裏がきってあり素敵なお部屋です。
P1030111.jpg
前回は、囲炉裏に畳蓋がしてあり残念でしたが、今回は素敵なお部屋に変身していました~
※ただし、火は入っていませんよ~(入れられるのかな~



そして、囲炉裏部屋に、テレビや冷蔵庫があります
P1030112.jpg
しかし、深~い山の中なのせいか一般のテレビは、ほとんど映らず、見る事はありませんでした(NHKの衛星と、日本テレビ(映ったかな)、そして邦画、洋画、もうひとつ…)
いつも、BGMのようにテレビをつけておく生活なのでたまには、テレビがない生活もいいですね
また、宿入り前に、飲み物を買い出ししてくる事もありますが、この時は、食事処での食事ですし、会津の美味しいお酒をいただこうと思っていたし、お水も山の水で美味しいので、買い出しなしでした
なので、冷蔵庫も使う事はありませんでした
が、暑い時期には、やはり、あった方が便利ですよね~



そして、玄関から入り、囲炉裏部屋の左隣にはこんな主部屋
P1030113.jpg
テレビも見られないので、こちらのお部屋でずっと過ごしていました~
また、「離れ」で、隣にお部屋がないので、日差しが良く入り明るいお部屋です



高~い天井
P1030122.jpg
会津地方の古民家をモデルにして建てられた「離れ」は、雰囲気はシンプルですが、重厚感があり、とても落ち着くお部屋です。



吹き抜けの様に高い天井の上の方も、このように凝った作りになっています
P1030211.jpg
さすが公的資金を使っているので、お金かけているって感じですよ~
有効利用しなくてはね


お部屋にぴったりの照明
そして、梁も太くて立派です
P1030121.jpg



お部屋に置かれていた、お茶菓子
P1030127.jpg
あっ
お菓子の記憶が
胡麻の風味が効いた、甘いおせんべい風焼き菓子だったと思います。
梅抹茶も美味しくいただきました



囲炉裏部屋から主部屋に入り左側には、水周りのスペースがあります。
まず、ドアを開けると洗面台です
P1030115.jpg
お部屋の雰囲気にあった、洗面ボール(ちょっと小さい)の周りも木作りの和風な感じでした~



洗面台の左にはトイレ
P1030116.jpg
ウォシュレット付きの暖房便座ですので、ひんやりする事もありませんよ~



そして、洗面台の右側内湯です
P1030117.jpg
こちらは、温泉ではないので、湯を溜める事はありませんでしたが、朝シャンするのに便利な内湯でした
なにしろ、露天は、凍る寒さですからね
内湯でさえ寒くて、「今度ホースを持って来て、露天の温泉蛇口から引き湯しようか~」なんて、冗談8割、本気2割で話した2人です



そして、最大の魅力
部屋付き温泉露天風呂で~す
P1030118.jpg
着いてすぐに湯守作業に入りましたが、露天にもかかわらず(屋根も、離れの屋根が、のきさき程度で、完全露天です硫黄臭が「ぷ~~~んなんて素晴らしいお湯でしょう
もう、クンクンした事は言うまでもありませんね~
また、そんなに大量に出ているわけではないのに激熱でした~
なるべく加水をしたくないので、必死に2人で交代しながら湯もみをしました~
あまりに激熱で、少々加水をしてしまいました(少~しなので、すぐに生源泉に戻ったと思いますが…)
もう少し、湯の投入量を調節してもらうと、温泉好きにはうれしいですね(アンケートに書いてきましたよ~



露天からは、こんな景色が見えました
P1030119.jpg
綺麗にお庭を作っているのではなく、自然のままという感じで、それが、かえっていいように思います(のん感覚~
すご~~い雪でした
何m積もっていたんだろう



木の箱が湯口です
箱を開けると温泉&水の蛇口があり、湯の温度を調節します
P1030206.jpg
もちろん、あちちを我慢して飲泉してみましたが
と~っても美味しかったです
卵味のダシスープみたいでした~(あくまでものん感覚です~
入浴目線の景色が御覧いただけますね~



少し目線を上げるとこんな感じ~
P1030209.jpg
シーンと静まり返った至極の空間でした



湯船の広さは、そんなに広くはありませんが…
花木露天腹OK
料金を考えても、この景色を考慮しても
そしてなんと言っても、新鮮な生源泉を思う存分堪能できましたので、です~



この宿の見取り図を貼っておきますね~
P1030126_20110110163533.jpg
こちらの宿は、母屋、納屋、離れの3タイプお部屋全部で25室あるみたいです。(母屋、納屋の場所は未確認です~)
離れ以外は更にリーズナブルなので、高畑スキー場とセットで、ちょっとリッチ感を味わえるスキー宿として利用するのも良いかもです(スキーパックもありました
本当は、そのつもりだったのん達でしたがね~

次回は、大浴場編の予定です~
テーマ:温泉宿
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
スキーとセットって・・・・(羨)
一番乗り~?

いや、ここはいいですねぇ~♪
スキーとセットでこんな宿に泊まれたら言うことないですよ、ホント。
まして高畑スキー場って、スキーオンリーのトコでしょう?
う、う、羨ましすぎる・・・・ボクならきっと定宿にしてしまいそうなところです。関西にないのが悔やまれますわ(TT)

また、「前回同様」って宿の人が言うところがいいじゃないですか。予約時にのんちゃんが伝えたことを、案内する人がきちんと認識しているということですから、これは教育というかお客様をお迎えする心構えがしっかりできている証拠。こういう宿が悪いはずがありません。

本当にのんちゃんは宿探しが上手ですね。
2011/01/25(Tue) 21:01 | URL  | ヒロ #iXsdpytw[ 編集]
No title
公共の宿にしては、離れの露天付きもあって、豪華な施設ですよね。
以前、母屋と離れと一回づつ、利用したことがありますが、やっぱ、
趣きのある離れはいいですよね。天井がすごく印象に残ってます。
こういう感じの公共の宿が増えてくれればいいですね~
2011/01/26(Wed) 01:47 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
ヒロお兄さ~ん(^◇^)
ヒロお兄さん、アップ後、間もなくいらっしゃって下さったのですねv-410
いつも、ありがとうございますv-421

ここ、いいでしょう~v-392
経営一緒なので、そうv-218スキーヤーオンリーの高畑スキー場のリフト券とセットのプランがあるんです…
ヒロお兄さん遠くて残念です~v-393
湯神とセットにしやすいコースですので、1泊ずつはどうですか~v-410
たぶん、近かったらヒロお兄さんの定宿だし定ゲレンデv-411になる事間違いなしかもですねv-363

>予約時にのんちゃんが伝えたことを、案内する人がきちんと認識しているということですから、これは教育というかお客様をお迎えする心構えがしっかりできている証拠。こういう宿が悪いはずがありません。
→予約前に、色々と確認事項が出て話したのでインパクトも強かったのでしょうが?
名前や個人情報を憶えていてくれると、「宿は人v-344」と思うので、評価がぐ~~んと上がりますよね~v-426
この宿も、お客さんの声に耳を傾け、繁栄させていこうv-363という意気込みを感じる事ができたので、また来ようという気持ちになりました~v-343
もともと公社~第3セクターの新会社に代わり、必死な努力で落ち着いてきて、今、更に特にソフト面で伸びてきている宿なので、応援したいと思います。
て、言うのも、のんは、ホテル部門の取締役さんと、じっくりお話する機会があったので、より深く感じているのだと思います。
お宿に限らず、精一杯の努力が見えると、応援したくなるのんですv-206

この宿は、温泉公方が探しましたv-363(そう書かないといじけそうなのでv-205
黙々と宿情報を探し、突然ここって言ってくる事が多いですが、意外にはずす宿が少ない温泉公方なんですよv-497
2011/01/26(Wed) 09:15 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
banさ~ん(^-^)
おはようございますv-278
今日は、お天気な分、朝出勤時(6時半に家を出ました)車外気温計がー6度を指していましたv-393

やっぱり、ここは、公共の宿と言っていいんですねv-363
株式会社なんてつくので、どうなのかなv-361と思っていましたv-222(そういう分野に疎いのんです)

やっぱりbanさん、宿泊済みでしたねv-392
banさんにとっては、離れもリーズナブルな宿に入りそうですよねv-410
のんは、こここそ、部屋付き温泉露天があって、食事も変わっているし離れがコスパ抜群な気がして、離れをリピートしましたが、母屋と納屋の様子はどうなのか、実に気になっていた所でした。
母屋と納屋は、更にお安いですが、banさん的には、コスパどうでしたかv-361
2011/01/26(Wed) 10:46 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
No title
>母屋と納屋は、更にお安いですが、banさん的には、コスパどうでしたか

母屋と納屋のコスパはいまいちです。ここは食事に特色があるので、食事目当てなら別ですが、母屋と同じようなお部屋で1万円前後の公共の宿はあちこちにあるので、それに比べると、ちょっと、高いかなと思いました。
公共の宿を探すときは
http://park2.wakwak.com/~a-debu-k/link/index.html
を利用してます。掲載されてる宿の数が多いのでいいですよ。

ここの離れのコスパは抜群ですよね。自分の感覚では、ここの離れのハードと温泉は、茜庵より数段上ですね。それで、食事も特色があってこの値段ってすごいな~って思いますね~
花木の宿に泊まるなら、やっぱ、離れですね~
2011/01/27(Thu) 00:23 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
banさ~ん(*^^)v
おはようございますv-278
お返事ありがとうございます~v-421

母屋と納屋、そうなんですね~v-222
それから、ここは公共の宿でしたね~v-410
他の公共の宿と比べるんでした~v-363
>母屋と同じようなお部屋で1万円前後の公共の宿はあちこちにあるので、それに比べると、ちょっと、高いかなと思いました。
→なるほどなるほどv-363
今迄、公共の宿を利用した事がなかったのですが、いい宿もありそうですねv-426
せっかく公費を多額に使って建てる宿なわけですから、有効利用しなくてはと思ったのんでした。
そして、やっぱり、ここの離れはお値打ち宿ですよね~i-210
役立つサイト教えていただきありがとうございます~v-435

banさん、公共の宿も利用するんですねv-363
最高級宿~湯治宿、そして、公共の宿と、すべて利用しているbanさんは、コスパも正確に把握できるのでしょうね~v-352

これからも、コスパがいい宿、たくさん教えて下さいねv-392
banさんとお知り合いになれたきっかけの湯神さんに、またまた感謝で~すv-421
2011/01/27(Thu) 08:48 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
No title
今晩は~

「花木の宿」 いい感じの宿ですねv-410
2011/01/29(Sat) 23:55 | URL  | muku #-[ 編集]
mukuさ~ん(^o^)丿
こんばんは~e-68
見にきてくれてありがとうで~すv-421

ここ、公共の宿なのですが、部屋付露天の離れがあったり、中国人シェフが作る、ヘルシーで美味しい薬膳中華だったりで、とても気に入ってる宿なんですv-392

北海道にも行きたい宿がたくさんですが、お互い遠いですねv-393
のんも、早く北海道に行きたいですe-266
2011/01/30(Sun) 21:51 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。