自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥日光湯元温泉 ゆ宿「美や川」 温泉内湯編
2011年02月15日 (火) | 編集 |
内湯の御紹介です

内湯は、1階にあり、2階から階段を降りたら左玄関から入ったら右の奥の方にあります
そして、2つの内湯は、どちらも貸し切りで利用します



階段を降りた所には、こんな札が置いてあります世界遺産日光ですから、外人さんも来るのでしょう。英語入りですね
P1030324.jpg
貸し切り利用する内湯の前にかける、貸し切り札です。
これを取り忘れると、いつまでも、次の方が入れないので、女将さんから、その点お願いしますとお話がありました。(時々いるのでしょうね
そして、表示通り、こちらの内湯は、自家源泉(加水かけ流し)です
奥日光湯元温泉は、共同源泉だけの宿も多いので、貴重な自家源泉といえるかもしれません。
うしろには、玄関が写っていますね



廊下を突き当たり迄行くと、こんなのれん
この先が貸し切りの内湯です
P1030326.jpg
のれんの下に見える唯一の「板廊下」を見た通り左に曲がると



またまたクランクしながらこんなスペースP1030327.jpg
囲炉裏スペースでも書きましたが、 一緒の浴場に入らない同室のグループは、ここでもゆっくり待ち合わせできると思います



そして、まずは、突き当たりの方の内湯から

脱衣場です
P1030328.jpg
貸し切りですから、広さも十分かわいいカゴが、4つに、手前にもうひとつカゴがありますが、その位は、入れる広さだと思います



脱衣所には、こんな張り紙がありました。(黒く消えているところが気になるのは、のんだけかな~
P1030336.jpg
正確にいうと、源泉には、加熱増量をしていませんが、源泉が敷地内湧出で距離もなく熱く、大量に投入されているので、加水しなくては残念ながら入れませんので、浴漕のお湯自体は、加水かけ流し状態です
また、書いてある通り、中禅寺湖畔の中禅寺温泉は、こちら奥日光湯元温泉、共同源泉からの引き湯です(山道を結構な距離あるので、すごいですよね
しかし、同じ湯でも、引き湯によりもまれる距離やその宿の湯使いにより、色々な湯が楽しめるので、中禅寺温泉もいいです



成分表の一部です
P1030424.jpg
確かに自家源泉で、中性の硫黄泉です



内湯です。
P1030329.jpg
素敵な雰囲気でしょ~
手前の湯船は、寝湯用で、細い人しか、身体全体はしずまないと思います
ゆっくり入るのには、いい浅さなのかもしれませんね
そして、右の湯船の湯口から大量の源泉が投入され、左の湯船~寝湯へと流れていました



湯口&湯船です。
P1030333.jpg
加水しているからではなく、新鮮な硫黄泉で、濁る暇はなく透明に近い微濁りのフレッシュ硫黄泉でした
48.7度の源泉がこんなに大量に投入されているので、ひとつ上の内湯写真に写っている湯口側の手前にある加水の蛇口は、少量を止めないようにとの張り紙がありますがそれにしてもアチチで、湯もみで下がる温度ではないので、ちょっと残念な気持ちもありますが、適温まで加水しました
投入量を調節した、加水なしの美や川源泉に入ってみたいな~と贅沢な事を考えながらも、いい湯に満足な2人でした
浴感は、加水しているからばかりでなく、共同源泉よりサラッとした、やさしい感じのお湯でした
女将さんも、「共同源泉は濃い」という表現をなさっていました



洗い場カランは2か所です
P1030335.jpg
何度も書いてしまいますが、貸し切り利用なので、十分すぎますね
ボディーシャンプーと、リンスインシャンプー完備でした
リンスインシャンプーはちょっとという方は、お部屋のアメニティーグッズにあったポーラのシャンプー&リンスを持参して使用するといいかもです(お気に入りを持って行く方もいるのでしょうがね



続きまして、手前のもう1か所の湯殿をサラッとご紹介しますよ~

脱衣場です。
こちらの方が、何故か全体的にクリアーに撮れていますね~
P1030330.jpg
ほとんど、同じ作りでしたね



内湯は、ちょっと、違いましたよ~
間違い探しの様に比べて見て下さい
P1030331.jpg
窓にある飾り枠の形がちがうのと、
湯口のある湯船が、カランの壁より奥にありました
手前の湯船は、こちらも浅い寝湯ですよん



壁の奥が落ち着くと思う方と、こちらは湯口がある湯船が若干狭いので、奥の湯殿の方が好きという方とに分かれそうですね(どっちでもいいって言わないでね~~
P1030338.jpg
のん達は、新鮮な湯口の傍に2人で入りたいので、どちらか選んでと言われたら、奥の方の湯殿がいいかもです
また、湯に変わりはありませんが、こちらの湯殿の方が若干濁りが強かったかもですね~
加水状況、清掃状況のちょっとした違いなのでしょうかね



湯口~~
こちらも こんなに大量に投入されているので、加水して、調節しました
P1030337.jpg
しかしながら、さすが、自家源泉
惜しげもなく大量投入されている美や川源泉思い切り堪能させていただきました~



洗い場&カランは、同じようかな~
しかし、やっぱり、こちらの方が明るく撮れてますね
明るかったのかなっ
P1030340.jpg
朝夕で、奥が3回、手前(こちら)を2回、いい湯いただきました~~



忘れずに、貸し切り札を取って戻しましたが、札置場の手前にはこんなうれしいもののサービスがありました
アイスです~~
P1030325.jpg
1人1本ですからね~~
バニラと小豆入りがありましたが、のん達は…



バニラにしましたよ
P1030341.jpg
よく箱売りしている、単品売りよりちょっと小さいアイスでしたが、うれしいうれしいサービスだった事は、言うまでもありませんよね~
ごちそうさまでした~


次回は、露天風呂編の予定です~
テーマ:温泉宿
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
No title
手前の内風呂、いい色のお湯ですねぇ~♪
ここのところ透明のお湯ばかりだったので、なんかいい感じです。

次、ボクはジャム勝の帰りに水芭蕉に行ってこようかな。
あのぬるすべ湯はいいですからね。
2011/02/15(Tue) 23:07 | URL  | ヒロ #iXsdpytw[ 編集]
ヒロお兄さ~ん(^o^)丿
こんばんは~e-15
いつも、ありがとうございますv-421

>手前の内風呂、いい色のお湯ですねぇ~♪
ここのところ透明のお湯ばかりだったので、なんかいい感じです。
→やっぱり白濁していると「おんせんっv-48」て感じがしますよね~v-221
ここ、奥様との2人宿にお薦めですv-344

>次、ボクはジャム勝の帰りに水芭蕉に行ってこようかな。
あのぬるすべ湯はいいですからね。
→のんは、ヌルヌル系がご無沙汰なので、ヒロお兄さんのレポ見てて、行きたくなりましたv-422v-411
2011/02/15(Tue) 23:16 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
No title
内湯の源泉の投入量は、すごいですよね~
いつ行っても、新鮮なお湯が堪能できるのがいいですね。
投入量を絞って、適温にすることも出来ると思うのですが、
それより、新しいお湯を楽しんでもらいたいっていう宿の
方針なんでしょうね。
奥のお風呂の方が人気あるみたいですね。うちも両方
空いてたら、奥を利用してます。
寝湯はもうちょっと深い方がいいかもですね~

2011/02/16(Wed) 02:45 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
banさ~ん(^-^)
おはようございますv-278

内湯の源泉の投入量は、本当に豪快で、自家源泉の豊富さを感じましたv-424
ただ、熱くて加水すると、投入口がある小さな湯船は、結構薄まってしまって、温泉好きとしては、ちょっと残念ですv-356(身体が冷えてる時期だからでしょうかねe-60
お風呂の説明時、女将さんが、
「ほんと、原始的な方法のお風呂なので、水を入れてもらうしかない…」とおっしゃっていました。
それにしても、絞る事はできるでしょうから、温泉好きのレベルとして、「ターゲットが一般温泉好きの方々」なのでしょうね。

のん達も、いい湯に入れるだけで幸せなので、問題なしですv-426
でもやっぱり、源泉100パーセントの美や川源泉にも入ってみたいな~とも思う贅沢なのんですv-413(あくまでも、思いですよ~v-410
そういう点、温泉公方は、
「いいんだよ~~v-398」て寛大ですv-48

banさんは、奥の湯派ですねv-218
やっぱりそちらの方が湯船の作りからv-236人気ありなんですねv-363
この日の湯の状態だと、手前の方が白濁していたので(利用が少ない分加水も少ないので湯が寝かされるのですかね[絵文字:v-3)、一般温泉好きさんは、こちらを選ぶ方が多いかな~と思いましたv-222
そして、やっぱり寝湯浅いですかねv-411
のん達の身体が厚っこいんじゃなくて良かったです~v-422v-392
2011/02/16(Wed) 10:48 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
お風呂良さそう♪
のんさんこんばんは~
美や川の内湯、いいですね~
しかも貸切利用が出来るのはポイント高い!!!
やっぱり、周りを気にせずのんびり浸かれるのっていいですよね~
脱衣所も浴室もとても広々しているのもいいかも~
加水をしなければならないのは残念ですが、でも湯量も多いようですから、堪能することが出来そうですね。
実は日光方面の温泉って行ったことがないんですよ~、なので今年こそ行ってみたいな~なんて思っています^^色々観光スポットもありますしね\(^o^)/

露天風呂編、お食事編も楽しみにしてまーす♪
2011/02/16(Wed) 23:24 | URL  | ポルポ #EixbK/h6[ 編集]
おじゃましま~す♪
ブログへの訪問ありがとうございます♪ ダンカミさんのところでお見かけして、いつかは・・って思ってて遅くなりました^^;
硫黄泉いいですね~!貸切もゆっくりできていいですね~!
ウチからだと中々東北道に乗るのが億劫で、つい東名もしくは関越方面の温泉が多くなります。
GWは日光方面に決めました。参考になるブログ、HPが増えて嬉しいです。よろしくお願いしま~す(*^。^*)
2011/02/17(Thu) 09:01 | URL  | みー #WG3/H9bE[ 編集]
ポルポさ~~ん(*^^)v
こんばんは~e-69

美や川源泉の内湯、共同源泉よりさっぱりした湯らしく、湯量も豊富ですv-218
泉温の割合に、身体が冷えているせいか、熱くて、いっぱい加水しましたが、ド~ド~と投入されているので、あっと言う間に、熱くなる感じです。
共同好きのポルポさんはv-48e-266、湯重視だと思うので、満足しながらも、たぶん、加水無しの、美や川さっぱり硫黄泉に入ってみたくなると思いますよんv-422v-410

貸し切りだと、待ち合わせもなくのんびりできますよね~v-426
以前は、男女別の大浴場だったので、貸切には十分な広さです。

日光いらっしゃるのですね~v-392
日光市も合併で広くなっていますが、日光は、奥まで行ってみて下さい。
景色も湯も最高ですv-352
鬼怒川の方面も、奥まで行くと、いい湯たくさんありますよv-48
湯西川の共同、綺麗ないい湯でした~v-218
混浴です~v-48v-222
2011/02/17(Thu) 21:54 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
みーさ~~ん(^o^)丿
こんばんは~v-280

こちらこそ、遊びに来て下さって、とてもうれしいですv-392
先程も、みーしゃさんの所でご一緒したばかりですし、もうすっかり仲良しのつもりののんですe-266

ここの硫黄泉は、中性なので、強酸性の硫黄泉よりマイルドですよv-363

>ウチからだと中々東北道に乗るのが億劫で、つい東名もしくは関越方面の温泉が多くなります。
→そうなのですね~。
のんの家は、東北道が便利なので、東京越えをする東名はなかなか行きづらいですv-363
関越は、今度直結するので、行きやすくなるので、春以降は、そちら方面も攻めたいと思っていますv-48

>GWは日光方面に決めました。参考になるブログ、HPが増えて嬉しいです。よろしくお願いしま~す(*^。^*)
→ポルポさんに続き、みーさんも我が栃木にいらっしゃるんですね~v-424
GW迄は、あっという間ですよ~v-428
のんこそ。東名関越方面、色々と教えていただきにお邪魔しますので、これからもよろしくお願い致しますv-422v-411
2011/02/17(Thu) 22:08 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。