自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥日光湯元温泉 ゆ宿「美や川」 温泉露天編
2011年02月17日 (木) | 編集 |
ゆ宿「美や川」の露天風呂の御紹介です
前にも書いてますが、露天も貸し切りで利用します。
時間制限も、ありませんでした

場所二階駐車場とは逆の、山側です

のん達のお部屋「わたすげ」からは
こんな畳廊下を通って、進みます
手前左に、部屋を出てすぐの階段が写っていますね
P1030322.jpg
清潔な畳廊下って、ほんと気持ちいいですね~



貸し切り風呂へ行く途中にはこんな休憩スペースもありました
P1030349.jpg
左の椅子は、マッサージチェアーで、右の椅子は、変わった形の椅子でした。



休憩スペースを過ぎると間もなく貸し切り露天風呂です
1日目に入ったこもれびから
P1030350.jpg
貸し切り露天風呂の方は…



入っている間、入口にあるこちらの札をひっくり返します
P1030362.jpg
内湯同様、出た時に、札を忘れずにひっくり返さないと、次の方が入れませんよ~~



脱衣所です。
P1030361.jpg
ちょっと狭めですが、2人なので大丈夫です
簡素な感じですが、木のぬくもりが落ち着く脱衣所でしした
また、寒いので、ヒ―タ―完備です
入ったらすぐにつけましょう~
極寒地の露天風呂ですからね~



脱衣所には、きちんと、分析書が貼ってありました
P1030363.jpg
奥日光開発(株)の共同源泉です。
1.2.3.4.5.6.7号泉の混合です。
共同を利用している宿は、宿により、いくつかの源泉を混合して引いている所が多いですが、ここは1~7号迄すべての混合泉でした。
湯元の宿は、結構行っていますが、初めてかも



湯船です
こちらは、自家源泉の内湯と違い、ザンザカと大量に投入していないので、白濁していました。
P1030351.jpg
極寒の地の外気ですので、チョ~~~~寒かったです
なので、裸になる前に、まずは湯加減を整えます。(浴衣に半纏でも寒かった~
こちらは、自家源泉の内湯と違い投入量が適量なので、のん達は、加水しないで入りました
身体が冷えている状態で温度を決めてしまうと、後でぬるい状態になってしまうので、加水をしなかったら案の定、湯もみのみで適温でした



湯口です
投入量が少なく見えますが、源泉が70.3度あるので、露天で温度が下がる事を考慮しても、ちょうど良い投入量でした
空気に触れて白濁するので、こちらも湯口では透明な源泉です
P1030355.jpg
自家源泉(内湯の美や川源泉)に比べて、加水していない事もありますが、そうでなくても泉質自体濃いと、女将さんがおっしゃってましたが、その通りの、トロトロ感のあるような濃厚な硫黄泉でしたよ



眺めですが…
残念ながら山肌です
P1030352.jpg
すだれはいらない感じでした。



施設、お部屋編の画像をもう1度
P1030267.jpg
この建物の、2階裏側ですので眺めが理解出来ると思います



上方向の画像をもう1枚
P1030353.jpg
眺めが良いってわけにはいきませんが、青空と、雪景色は何とか見えますし、なんと言っても、極上の硫黄泉を貸し切り利用出来るわけなので、のん達は、十分満足しましたよ~



そして、この露天風呂には、シャワールーもついていました
P1030354.jpg
ドアもしっかりありますが、冬はちょっと寒いかも~
しかし、人数の多い満室の時は、浴場すべての4か所で身体を洗えるので、便利なのだろうな~と思いました
身体をよ~~くあたためてから、シャンプーしましょう



湯船の広さはこのくらい~
たつHP
温泉に入っている時、一番いい顔をする温泉公方です
濃厚ないい匂いの生源泉
最高でした~



お湯を堪能しているうちに、日が暮れて、こんな感じの景色に変わりましたよ~
P1030358.jpg
屋根に積もる雪
そして、静かな山
幻想的じゃないですか~



それでは、次に、翌朝入った、もうひとつの露天風呂「あさぎり」をサラッとご紹介します。
場所は、「こもれび」が、建物の中央付近からだと奥側で、

「あさぎり」は、そのすぐ手前です
P1030399.jpg
脱衣所と、シャワールームは、「こもれび」と同じつくりなので、画像なしで~す



湯船です
早朝、7時頃、と~~~ても寒かったです
P1030400.jpg
ヒートショックにならないように、下から少しずつ、かけ湯をたっぷりしてから入りました
投入量の加減で、濃厚な白濁湯となっていますが、これが温泉らしくていいと言う方も多いですよね



もう1枚パチリ
P1030401.jpg
清潔な感じの、落ち着く湯殿でした
湯船の向こう側の木塀の向こうが、もう1つの貸し切り露天「こもれび」ですよ
楽しそうに会話するカップルさんの声が聞こえていました
のん達はというと、無言でひたすら湯道を極めていましたよっ



湯口です
P1030404.jpg
もちろん、湯口は新鮮な透明湯
これが、真っ白な白濁にかわるんですから、わかっていても不思議ですね



見上げた景色をパチリ
P1030402.jpg
入っているうちに、朝日がキラキラと輝き出しました~



部屋への帰り道、
せっかくなので、休憩所に寄ってみました

まずは、この変わり椅子
P1030367.jpg
画像だとわかりにくいのですが、底の座る所自体が、後ろに倒れている形で、
座るのには「よいしょっ」て感じでしたが、座ってみると、なんか、腰辺りが伸びる感じがして、のんにとっては、気持ち良い椅子でした
お年寄りやお子さんが座る時は、注意してくださいね~



そして、もう1脚は、マッサージチェアーでした
ちなみに、無料です
マッサージ
最初、背もたれの倒し方がわからず、まっすぐのままマッサージしてましたが、なんとか倒れて気持ち良さそうでした
朝食の時間がせまっていたので、のんは座れませんでしたが、今度行った時は、ゆっくりマッサージしたいと思います



傍らには、こんなかわいいキャンドルスタンド
P1030364.jpg
芯が黒かったので、つける事があるのでしょうかね
倒れるのは怖いけれど、素敵でしょうね

次回は、夕食編の予定です
テーマ:温泉宿
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
No title
ここの露天は内湯に比べて源泉投入量が少ないのと、
冬は外気温が低いので、加水なし、または、少量の加水で
入れるのがいいですね。雄大な景色を楽しむっていうのは
無理だけど、天気がいいと、夜空の星が綺麗ですよ~

内湯に比べて、階段がないっていうのもいいですよね。
うちは露天の方が利用回数、多いですね~
2011/02/18(Fri) 00:33 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
banさ~~ん(^-^)
おはようございますv-278

いつも見て下さって、本当にありがとうございます~v-421
実生活に、ブログが追いつかず、アタフタ気味ですが、こんなのんですから、無理は出来ないのでマイペースでのアップですが、やはりコメントを頂けると、頑張り甲斐があります~v-428

露天の共同源泉、濃くてトロトロ感があり、のん達も、とても気に入りましたv-426
夏場は加水必要なのですかねv-361
だとしたら、いい季節に入れて良かったですv-48

確かに景色は望めませんが、空が気持ち良かったですv-352
星空が望めるんですねv-354
今回はちょうど中途半端な時間だったので、次回は楽しみたいと思いますv-483

>内湯に比べて、階段がないっていうのもいいですよね。
うちは露天の方が利用回数、多いですね~
→確かにv-222
今回は初めてだったので、まんべんなく入りましたが、1~7号泉すべての混合泉、思いの他良い湯なので、のん達も次回は露天が多くなる予感ですv-221
サラサラ自家源泉は、準備湯&仕上げ湯にいいかもですv-48e-266

常連さんのbanさんe-267
美や川さんの雰囲気伝わってますかねe-3
食事編も、憶えてきたつもりが、やっぱり美味しかったしか思い出せないメニューもあり、情けないのですが、banさん、フォローバンバン入れて下さいねv-421
banさんだから、バンバンね~(うわっv-395おやじギャグですみませ~ん)v-411
2011/02/18(Fri) 11:05 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
奥日光温泉
コンニチハ!!(゜Д゜*)(。_。*)ヘ゜コリ
のんちゃんのコメントに返事してから来ちゃった

奥日光温泉 ゆ宿「美や川」いい感じの温泉ですね~
最近、硫黄泉の湯に入っていなと思っていたんです。
今回のんちゃんは硫黄泉か~いいですね~v-410

私は北海道だから雪見露天は珍しくないけど
いい感じのv-212と説明に感心ですd(*^0^*)d
雪見露天に憧れる温泉好きには
のんちゃんのグログv-212で伝わる冬景色は
なんとも言えないだろうな~と思う

のんちゃんの行く温泉宿はなかなか渋い温泉で
ますます温泉ツーになってますね~

「秘湯を守る会」の朝日旅行チェックしましたv-410v-221
安く宿泊出来るので助かりましたo(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o
2011/02/18(Fri) 13:47 | URL  | muku #-[ 編集]
mukuさ~~ん(^-^)
こんにちは~v-278
お返事読んできましたよんv-428

mukuさんが、栃木に来られる場合、やはり観光で「世界遺産日光」は外せないと思うので、お泊まりは、ちょっと足を延ばして奥日光湯元がお薦めですv-48
途中、華厳の滝 中禅寺湖 龍頭の滝 戦場ヶ原と見所もたくさんありますからね~

奥日光湯元の湯は、あまりハズレがないので、御予算によってあちこちチョイスできますが、美や川さんもお薦めです~v-221

mukuさん、そんな褒められちゃうと恥ずかしい~~v-401
日記みたいなブログですが(ブログって元々日記でしたねv-363)これからもお時間が許す限り遊びに来て下さいねv-345

>のんちゃんの行く温泉宿はなかなか渋い温泉で
ますます温泉ツーになってますね~
→温泉に重きをおいて宿をチョイスする事が多いので、どうしても小じんまりした所が多くなっちゃってますかねv-411
でも、のんは、温泉ツーではなくて、ただの温泉好きです~v-410
だから、湯切れすると、「循環湯でもいいから入りた~い」と思い、入ると幸せ気分になれますよ~v-344
でもやっぱり、出来れば掛け流しがいいですがねv-392

「秘湯を守る会」
のんもスタンプまだ、2つですv-221
今迄、もったいなかったな~~v-393
2011/02/18(Fri) 17:05 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
No title
こんばんは。
やっぱり雪見露天はいいね♪
それに、なんと言ってもこの色・・・・。何年か前、乗鞍で白濁の湯に浸かりましたが、本当に温~泉v-48といった感じで・・・・(^^)
今回ボクは透明な湯ばかりでしたので、次は絶対こんな湯に入りたいです。

さて、今晩からまたひと滑り行ってきますe-421
2011/02/18(Fri) 19:47 | URL  | ヒロ #iXsdpytw[ 編集]
No title
こんばんは!
奥日光の湯元温泉では、私も昨年の暮れに、「ゆ処山月 五識の湯」に立ち寄りしました。
いい匂いの白いにごり湯でしたね♪
泉質は、含イオウ-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉のPH6.5でしたので、やはり同じみたいです(*^_^*)
でも、あらためて、当時のデータを詳しく見ていたら、そこは、奥日光開発(株)の3号、4号、7号の混合でした。確かに、全部の混合は珍しいのかもしれませんねー(*^_^*)
2011/02/18(Fri) 20:40 | URL  | りゆう #iVEsRi8k[ 編集]
ヒロお兄さ~~ん(*^。^*)
おはようございま~すv-278
って言っても、もう今頃はゲレンデですねv-223
のんの家は、久々朝からの快晴ですがv-352、ヒロお兄さんも、気持ちいいスキーが出来てるといいな~と思いますv-425
ヒロお兄さん、 ブログタイトル通り、大好きなスキーで、たくさん遊んでいますねv-218
実生活に、ブログも、しっかり追いついていて、お忙しいのに凄いです~v-424
のんは、最近コタツでグ~e-261にはまってしまって、PC時間が減っちゃってますv-393

さて、本題v-411
今シーズンは、雪見風呂を結構楽しめて、幸せですv-344
そして、白濁温泉はやっぱり「温泉~~~e-224」って感じで、癒し効果も高いかもしれませんねe-267
そうそうv-363
乗鞍にも良い白濁の湯があるんですよね~v-48
のんは、未湯なので、いつか行ってみたいです。
全国どこの温泉地にも1度は行ってみたい欲張りなのんですv-413

ヒロお兄さ~んv-322
怪我に気をつけて、スキーエンジョイして下さいね~v-322(念力でたぶん聞こえたでしょv-392
2011/02/19(Sat) 09:48 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
りゆうさ~~ん(^o^)丿
おはようございますv-278
お久しぶりですv-422v-410

のんも、昨年迄毎年奥日光湯元温泉での年越しだったのですが、
今年は、のんママの、「元旦は帰れ命令」が出てしまい、久々、家での年越しでしたv-457
もし行っていたら、りゆうさんとすれ違っていたかもしれませんね~v-428

奥日光湯元温泉の泉質は、含イオウ-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉ですが、奥日光開発(株)森林管理署源泉の混ぜ方、そして、各宿の自家源泉により、少しずつ湯が違い、入り比べるのも楽しいですよね~v-48
白濁の所もあれば、緑がかった白濁の所もあって(湯使いも作用してるのでしょうかね~v-236)、今度はどこに行ってみようかな~と思っていますv-392

「ゆ処山月 五識の湯」は、奥日光湯元で唯一の日帰り施設ですよねv-236
のんは宿泊が多いので未湯です。
この時も、散策で前を通りましたが、男女別露天を越え、楽しそうに会話する親子さんの声を聞きながら、1度行ってみようかな~と思いましたv-48
奥日光開発(株)の3号、4号、7号の混合泉でしたかv-363
やっぱり1~7号すべては、めずらしいですかねv-236
のんも、10ヶ所近く宿泊していますが、無かった気がしたんです~~v-410(近くの板屋さんはどうだったかな~v-361)
2011/02/19(Sat) 10:19 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。