自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平湯温泉 平湯の湯
2011年07月28日 (木) | 編集 |
平湯民俗館に併設されている露天風呂平湯温泉 平湯の湯のご紹介です

新緑、紅葉、雪景色……、訪れる時期によって装いを変える美しい自然と平湯の温泉を同時に楽しめる露天風呂だそうです

場所は、平湯の温泉街にほど近い、国道158号線(安房トンネルでなくて安房峠経由の旧道)沿いにあります。

前に「悠峯」に宿泊した時も、民俗館の奥に温泉があるんだよな~と思いながらも、散策の途中で外から民俗館を見ただけでしたが~
少し前に、おかーさんやGAYOさんが行かれて、この辺の湯としてはびっくりの濃い~色の良い湯らしい事を知り
次回行った時は寄ってみようと思っていて、以外に早く実現
しました

画像がありませんが、道沿いにも看板があり隣には平湯神社の大きな鳥居があるし、民族館の古民家や合掌作りの建物もとても目立つので分かりやすいと思います。

平湯の湯は、民俗館の古民家の裏側にあります



民俗館の入り口右側はこんな感じ~
屋根がかかっている大きな樽は、足湯です
P1050251.jpg
オープンですが、露天風呂と間違って入ってしまいそうな作りです
本物の露天風呂は、後ろに見える古民家の右奥の方向にありますよ~



足湯にズ~ム
P1050272.jpg
渡した板の上に座るのですね
源泉掛け流しのいい足湯でしたが、全身湯が待っているので、今回は入りませんでした



反対側、入口左側には苔むした趣ある水車がありました
名前は「鈴虫水車」だそうです
P1050250.jpg
水車の向こう側は、平湯神社なので、どちらの水車かは不明です



民俗館には2棟の古民家がありました

こちらは豊坂家です
P1050252.jpg
江戸時代中期に建てられた木造茅葺きで入母屋風の民家を改造して作られた民俗資料館だそうです。
1階にはいろりの部屋や麻や布の衣服などを、2階には民具や農具などを展示し、飛騨の厳しい暮らしを紹介しているそうです
(この形で、2階あるのですね



もう1棟合掌作りの建物は、若山家住宅だと思います
白川から移築したようです
P1050253.jpg
ちょうど、屋根の葺き替えをしていました
合掌造りの急な屋根の葺き替えは、昔からたいへんだったのでしょうね~
修繕が終わるまでは、中は見られないようですが、もう終わったのでしょうかね~



のん達は、チェックイン迄の時間を考え、今回は、見学せず露天のみ利用させていただきました。



男性露天風呂です
P1050254.jpg
のれんの横の箱に寸志を入れてはいりました
今回は、他にお客様がいた為、内部の画像は撮れませんでした



こちらは、女性露天風呂です
P1050255.jpg
こちらは、最初から最後迄、誰も来る事なく、独占湯でしたので、画像もバッチリ撮れましたのでご紹介しますね~



入ると正面脱衣籠&棚がありました
P1050256.jpg
向かって右に露天風呂入口があるのでドアを開けた時見えない様にアコーディオンカーテンがあったのですね
(今、気が付きましたが、心配りがうれしいですね~



コインロッカーもありました
P1050262.jpg
有料か無料か未確認です(ごめんなさ~い
追記コインロッカーは、¥100だそうです(りゆうさん、情報ありがとうございました

そして、簡単な温泉の説明書きがありました(クリック+で拡大できます
P1050263.jpg
山の湯という源泉なのですね
PH等は書いてありませんが、泉質、泉温、適応症他、表示があるのはうれしいですね~



じゃ~ん
露天湯船です
屋根があるので、お天気の不安も少ないですね日焼け防止にもGood
P1050257.jpg
こういう色だって聞いていても
「お~~~」と、思わず声がでてしまった湯が濃そ~な色でした
囲いなしでは無理な立地ですが、その上の景色も良いのがわかってもらえそうな画像ですよね
そして、向かって右側の山側は、囲いもなく水の流れと山の景色を楽しめました



ちょっぴりズ~ム
P1050258.jpg
手前の、湯の色が少し茶色い所は、入りやすいように段差になっていたんだと思います
そうでなければ、こういう濁り湯は、どこまでの深さかソロソロと足を下ろさなければならないので、お年寄りにはちょっときついですよね~
ここはです
ちなみに段差の前にある桶は「ケロリン桶」ですね
「ケロリン桶」の温泉には、名湯多しじゃないでしょうかね~



湯口です
P1050259.jpg
源泉は無色透明ですが、湯船で空気に触れたりで、こんな色に変化します。
そして、泉温が高いため加水のみして掛け流していました。
飲んでみましたが、たまご&わずかな鉄味で、ちょっぴり塩味もあり、最後にちょっとえぐみが残る感じでした(のん感覚



掛け流し口です
P1050271.jpg
豪快に湯を投入しているので、湯の中のパイプからだけでは足りないようで、湯船の縁を切って、そこから、排水溝へも掛け流していました
加水でも、湯の投入量が多いと、成分たっぷりだし、気持ち良いものですね



塀の上の景色をパチリ
P1050260.jpg
こういう景色を見るといつも思うのですが、紅葉、そして、雪景色の時にも行ってみたいです



塀のない所の景色をパチリ
(あまりいいアングルじゃなくてごめんなさいです~
P1050261.jpg
この水の流れは、自然の渓流なのでしょうか~
山の清い水辺は、良いですよね~



入浴目線です
P1050264.jpg
ほのかな硫黄臭と鉄臭に包まれて1人贅沢に湯浴みを楽しんだのんです~



そのまま見上げた景色です
P1050265.jpg
緑いっぱいの奥飛騨に、今年は2度行けて幸せでした



露天の中にも小さな坪庭があり
巨石が配され、小さな灯篭風の照明もいい感じでした
P1050266.jpg



ほんと茶笹濁りのいい湯でした~
P1050268.jpg
温度も適温で、景色を見ながら長湯が出来ますが、こういう色系の湯は、結構濃いあたたまり系の湯が多いので、ノックアウトされないように早めに出ました



湯船の縁には、ミニミニ棚田のような蓄積物がありました
やっぱり濃そうな湯です
P1050269.jpg



最後に、湯船から脱衣小屋の方角をパチリ
P1050270.jpg
周りの景観にマッチしたいい雰囲気の、脱衣小屋ですね
そういえば画像がありませんが、この画像の左の方に、ボディーソープ&リンスインシャンプーがあったと思います
(のんは使用しませんでした。しっかりかけ湯はしてますよ~



そして、こんな素晴らしい露天風呂に寸志で入れてうれしいな~と思っていましたが、帰って色々と調べていたら、民俗館の見学料込みで500円なんていう記事も見つけ、「お金払わなかったけど~」ってちょっと焦りました
でも、お金払う所も見かけなかったし~~

しかし、よく調べてみたら、最近寸志になったようですね(GAYOさん情報
料金未払いにならず良かったです~~



最後に、平湯の湯の情報をペタンしておきます

住  所…高山市奥飛騨温泉郷平湯27-3
電  話…0578-89-3578  
営業時間…8:00~19:00(時間変更あり。)
定休日…不定休
料  金…寸志
源泉名…山の湯
泉  質…ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 旧泉質…含食塩重曹泉(緩和性低張高温泉)
泉  温…75.2度
湧出量…毎分369.4リットル
効 能…慢性消化器病・リューマチ性疾患・神経痛・筋肉痛・皮膚病・冷え性・アトピー・
     関節痛・関節のこわばり・打ち身・くじき・五十肩・運動麻痺・痔疾・病後回復・疲労回復・健康増進など
施  設…男女露天風呂・食事処兼休憩処
備  品…ボディソープ・リンスINシャンプー
テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
こちらにもこんにちは^^
「悠峯」に泊られた時に寄らなかったリベンジですね(^_-)-☆

レポートを拝見したら、、、
足湯の東屋が以前はなかったけど、これで雨の日も利用できますね。
ん? よく見直したら足湯の場所も少し移動したみたい。
この足湯は新設されたのもかも?

あ、リベンジと言えば最近中尾平も行かれたんですよね?
ここは「焼乃湯」と「やまと館」訪問の時に?

のんさん家は疾風のごとく奥飛騨にいらっしゃってるんですね!w(・0・☆)w
2011/07/28(Thu) 12:21 | URL  | GAYO #iF9xDFxw[ 編集]
どっかで、みた色なんだよな。
のんさん、こんにちは。
この温泉の色、どっかで見た色、どこだっけ、どこだっけ、って考えているうちにGAYOさんに先をこされてしまいました!爆。
伊香保の、伊香保露天風呂もこんな感じだった気もするし、だいぶ前に泊まったゴージャス梨木館もこんな感じだった気もするし。(違うよーって言う人は訂正コメして下さい)
だいぶ前なんで、記憶もあいまいなんですけど。
たくさん温泉に行けているお陰で、どこがどんな温泉だったかを忘れるなんて、ぜーたくな悩みですよね~。
旦那のブログはカテゴリー分けがちゃんとしてないから、さかのぼって見るのも大変なんですよね。旦那も整理するヒマなくて、私に「やってよ~」っていうんですけど、自分のブログのカテゴリー分けもできないのに、できるわけ無いですよね。
2011/07/28(Thu) 12:32 | URL  | みーしゃ #MMIYU.WA[ 編集]
GAYOさ~~ん(*^^)v
こちらにもうれしいです~v-421
お忙しい中コメントありがとうございますv-435

>「悠峯」に泊られた時に寄らなかったリベンジですね(^_-)-☆
→でもですね~、GAYOさんやおか-さんのレポ見なかったら、今回も行かなかったと思いますので、この湯に出会えたのは、お2人のおかげですe-266
感謝感謝ですv-428

そして、のんも記事を書くにあたり、あちこちのサイトさんをググりましたが、足湯もそうですが、少しずつ修繕しているのだな~と言うのが分かりました。
足湯、入りやすくなったかもですね~v-363

奥飛騨方面は、今迄遠くてなかなか行けなかったのですが、北関東道の開通で少し便利になった途端、あちら方面、止まらなくなってしまいましたv-392
念願の中尾平も行け、噂通りの良いお宿で、温泉公方も気に入ってくれたので(漫画も含みv-87)リピートしますよ~v-221

その他にも良いお宿があったら教えて下さいね~v-435(いっぱい教わっておいて贅沢ですかねv-413
あまりネットの話はしない温泉公方も、「いい宿そうだな~と思って検索するとGAYOさんのブログヒットするよね~」って、昨日改めて言っていましたよ~(また、ヒットしたらしいです~v-222
2011/07/28(Thu) 13:32 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
みーしゃさ~~ん(●^o^●)
こんにちは~v-422v-411
いつもありがとうです~v-421

のんも、この湯どこかで見た事があるな~どこだっけv-361と考えていましたが…
うんうんv-363
伊香保の露天のちょっと湯を寝せ気味の時に似てますね~v-363
すっきりしましたv-352
しかし、ここの湯も、ネットお仲間の方が行った日は微濁りで笹色も薄かったみたいなので、温泉はやっぱり生きものですねv-48v-352

梨木館~v-428
のん達もめちゃくちゃ気になりながら、行けてませんが、こういう色だったんですねv-363
益々気になってしまいました~v-393

そして、次郎様のブログは大量だから、たいへんな作業になりそうですね~v-356
のんは、いくらもないうちに分けておいて良かったですv-398
でも、みーしゃさんに見つけていただいたようにミスもありので、時々見直さなければですe-317
先日もミスをみつけましたv-388
それから、カテゴリーを分けると、それ別にブログを区切りたくなりますv-410
この後のアップがそうでしたv-216
みーしゃさん、予知能力あるんじゃないですか~v-392
2011/07/28(Thu) 13:54 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
バカな質問
ええっと。プチお久しぶりです。
またバカなコメで申し訳ないのですが。
こういうところの料金が”寸志”って、相場どれくらいなんですか?
2011/07/28(Thu) 19:08 | URL  | 船山史家(ジャンキー) #C9/gA75Q[ 編集]
船山史家(ジャンキー)さ~~ん(^^ゞ
こんばんは~v-222
お忙しい中、ありがとうございますv-421

うわ~v-404
難しい質問ですv-363
のん達、意外に寸志温泉には数入っていないし、いくら位かv-361皆さんにも聞いた事がないので‥v-388

ここでいくら入れたかi-210v-236
多いか少ないかわかりませんが、なんか勇気がなくて書けませんが、皆さん、どれくらい入れているのかv-361
ご希望なら、アップして聞いてみましょうかv-361

まずは、ここから~v-392
皆さん、寸志温泉、いくら入れますか~v-361

史家さん、反応がなかったら、のんが入れた金額をこっそりお教えしますねv-411
反応あったら、思い切って書きましょうv-295

あっv-363
史家さんなら、おいくら入れますかv-361
2011/07/28(Thu) 19:31 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
うちだったら~ですけど。
次郎さんに聞いたら、300円か500円くらいじゃない?って。
思いっきり共同湯みたいなトコだったら200円とか。
だそうで~す。
あくまでも、うちだったら、です。
うちは、寸志の温泉は入ったことがないんですけども。
ご参考までに^^
2011/07/28(Thu) 21:35 | URL  | みーしゃ #MMIYU.WA[ 編集]
寸志の相場?
蕨屋さんのコメ見るまでは、「俺だったら多分、1000円かな~」なんて思ってましたホント。
札でね。小銭だと考えるのが面倒くさいというか。
2011/07/28(Thu) 22:57 | URL  | 船山史家(ジャンキー) #C9/gA75Q[ 編集]
No title
平湯温泉の源泉って、濃い色の所と薄い茶褐色の所がありますが、
濃い色の方が、なんとなく効能がありそうな気がしますよね。
「もずも」は薄い茶褐色なんですが、以前、フロントに水道管が
錆びてるんじゃないかってクレームを言ってる人がいて、何を
目的に温泉に来てるんだろうって思っちゃいました。

濃い色では、公共の宿「KKR平湯たから荘」がお勧めですよ。
http://www.kkrhirayu.com/index.html
自家源泉を持ってて、源泉掛け流しで無料貸切風呂もあります。
公共の宿にしては食事も美味しいです。バスターミナルの近く
ですが、道路からは離れてるので静かですよ。
中尾平に通い始めるまでは、よく利用してました。
2011/07/28(Thu) 23:55 | URL  | ban #qZ9YgoK6[ 編集]
No title
のんさん、こんにちは(^^♪

平湯温泉、秘湯感ただよう雰囲気と湯にそそられます♪
岐阜の温泉へは、遠くてまだ一度も行ったことがありません。
いつか行ってみたいと思っていたところに、のんさんの魅力あふれる平湯温泉の記事^^
今すぐにでも行ってみたい気持ちにさせられちゃいましたよ(^^ゞ
「神の湯」も、まるで野湯のようで癒されそうです。
大自然に囲まれての湯浴みは最高ですね(*^^)v
2011/07/29(Fri) 10:16 | URL  | さくら #-[ 編集]
寸志の相場?
こんにちは~v-222

みーしゃさん
御反応ありがと~ですv-422v-392
相場わからないので、発表するのがちょっと心配でした。
とんでもない寸志だったらどうしよ~とv-410

>次郎さんに聞いたら、300円か500円くらいじゃない?って。
思いっきり共同湯みたいなトコだったら200円とか。
だそうで~す。
→マジ、まったく同じように思っていましたv-428
あまり寸志温泉は行けてませんが、その位と思っていましたv-363
良かった~v-398

史家さん
史家さんみたいな方にたくさん利用していただけると、管理の方は助かりますねv-426
維持費に使うところが多いと思いますのでね~v-361
ご夫婦で2000円ですねi-210
ありがたい利用者さんだと思いますv-218
料金が決まっている立ち寄り湯でも、栃木あたりだと1人千円は結構いい値な方で、500円位の所も結構多いです。
箱根辺りはお高いみたいですがねv-222

のん達はここで500円入れましたv-222
でも、帰って来て調べていたら、料金が決まって入る時は、民族館見学込みで500円、見学のみだと300円だったみたいなので、単純計算で温泉は200円だったんですi-210
そして、今も、おそば食べると温泉無料なのかもしれませんv-361(未確認ですが‥v-361

失礼がなくて良かったですv-398
そして、利用する方は、気持ちだけでもきちんと入れてあげてほしいな~と思いますv-363
2011/07/29(Fri) 17:17 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
banさ~~ん(=^・^=)
こんばんは~v-222

>平湯温泉の源泉って、濃い色の所と薄い茶褐色の所がありますが、
→な~るほどv-363
平湯の湯が特別濃い~のかと思っていましたがそうだったんですねv-363
のんが宿泊した2宿が薄かったので、お宿は薄いのかと思っていましたv-401
そう言われれば、平湯の湯で、あ~いう湯が出るのだからv-48、ご近所でも濃い~湯が出る可能性高いですものね~v-222
教えてくださってありがとうございますv-421

>濃い色の方が、なんとなく効能がありそうな気がしますよね。
確かに~v-428
でもあ~いう系の湯は、ガツンと来る湯多くないですか~v-48v-361

「もずも」は薄い茶褐色なんですが、以前、フロントに水道管が
錆びてるんじゃないかってクレームを言ってる人がいて、何を
目的に温泉に来てるんだろうって思っちゃいました。
→HP拝見したら、ここの源泉「山の湯」みたいです~ v-48
自然湧出なんですねv-218
引き湯の距離や加水の量などで、色も違うのでしょうねv-363
温泉は、生き物ですしねv-392
そして、↑いうクレーム多いのでしょうね~v-403
湯の花です~の貼り紙が多くなりましたv-393
それだけならいいのですが、そのせいで、せっかくいい湯なのに、湯の花をこしてしまったりする所もあるのでもったいないです~v-393
ここ、お得プランとか出たら狙いたいですv-221

>濃い色では、公共の宿「KKR平湯たから荘」がお勧めですよ。
→ここもHP見ましたv-428
良さそうじゃ~ないですか v-426
自家源の掛け流し、無料貸切り、美味しいお食事じゃ~、行くしかありませんv-426v-411
お気に入りに入れました(もちろん、もずもも~v-392

露天付き客室の最高級のお宿から公共の宿まで、その時々でチョイスして行かれるbanさん、本当の旅上手とは、banさんのような方を言うのでしょうねv-424

のんの心を捉える2宿v-221v-398、ご紹介ありがとうございましたv-428

P.S 中尾平、噂通りの、なんとも癒される宿でしたv-398
皆さんがたくさんレポしているので、違うところからアップしていこうかと思っていますv-411
2011/07/29(Fri) 17:47 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
さくらさ~~ん(*^。^*)
こんばんは~v-222

平湯温泉の「平湯の湯」も神「の湯」も、本当に秘湯感ただよう雰囲気の極上湯でしたよ~v-48v-352
でも、平湯のお宿には、↑でbanさんがご紹介してくださっているような、おしゃれなお宿もあるので、そちらも気になっているのんですv-392

>岐阜の温泉へは、遠くてまだ一度も行ったことがありません。
→うちも遠いのですが、高速がつながり、少し行きやすくなったので、今までの気持ちが爆発してv-355続けて3宿いっちゃいましたよ v-426

>いつか行ってみたいと思っていたところに、のんさんの魅力あふれる平湯温泉の記事^^
今すぐにでも行ってみたい気持ちにさせられちゃいましたよ(^^ゞ
→ありゃ~v-392
それは良かったのでしょうかね~v-361
でも、もすこし奥に行くと更に絶景をおがめますから、是非機会を作って行ってみてくださいv-422v-410

>「神の湯」も、まるで野湯のようで癒されそうです。
大自然に囲まれての湯浴みは最高ですね(*^^)v
→ほんとここは、のんのお気に入り露天にランクインしましたv-441
そうそう野湯って感じですよねv-46
2011/07/29(Fri) 18:21 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
ヨダレ物の湯
何と濃くてそそられる湯でしょうv-344
そう言えば、あちら方面はしばらく行ってないわ~~
。。。φ(ー` )メモメモ・
行きたい宿がどんどん増えちゃう。。。。。
どうしよう~~v-392
う~~~~~嬉しい悩みじゃ~~
2011/07/29(Fri) 22:56 | URL  | じゅうべい #-[ 編集]
No title
のんさん、こんにちは!

なんか、寸志の額のことで盛り上がってるみたいですねー(^_^;)
私もつい最近行きましたので、
妥当かどうかは別にして、一例として発表しますが、
私の場合は、お湯から出たあとで、200円を入れてきましたよ(^^ゞ

それから、ロッカーですが、100円の有料でしたよ。
私はそういう時にはいつも、財布と時計と車のキーと携帯、
すべてビニール袋に入れて持ち込むタイプなんですが(^^ゞ

平湯の湯は、茶笹濁りの湯と言うのですね、
確かにそう言われるとそうかも、ですね。
とっても勉強になりましたー(^_^)/~
2011/07/30(Sat) 17:02 | URL  | りゆう #iVEsRi8k[ 編集]
No title
こんばんは~
足湯 昨年は すぐ右側にあって東屋もなく
手が入れられないほど アッチッチ(^o^)
この時は お湯も結構な熱さだったので のんちゃん
ちょうど良くって 良かったですね

平湯 日帰りができるかどうか判らないけど
お宿「栄太郎」の露天が この色系だったと思う
(内風呂は また違う源泉なので)

平湯プリンスホテルが 貸切湯の方が エメラルドグリーン系の白濁湯で
日帰り料金@1000円
でも ここの貸切湯 すごく広くて~ 超お値打ちだと思います~(^o^)
2011/07/30(Sat) 20:13 | URL  | おかーさん #DNGI0z/M[ 編集]
No title
夏休み明けで、すっかり遅くなってしまいました^^;
茅葺屋根の葺き替えは、一度見たことがありますが、職人さんも少なくなっているようで、維持するのも大変なようですね。
景色といい、泉質といい、とても素晴らしい露天風呂ですね♪
奥飛騨は遠くてなかなか行けないけど、しっかりお気に入りに入れておきま~~す(^_-)-☆
2011/07/30(Sat) 20:22 | URL  | みー #RS4k0RpE[ 編集]
じゅうべいさ~~ん(*^^)v
こんばんは~v-280

>何と濃くてそそられる湯でしょう
→たまに、これ系の湯に入りたくなる事がありますv-48
ノックアウトされないように気をつけながら、濃い~湯をいただいてきました。

>そう言えば、あちら方面はしばらく行ってないわ~~
→いい湯、いい景色がたくさんありますv-47v-48
機会をみつけて行って見てくださいv-222

>。。。φ(ー` )メモメモ・
行きたい宿がどんどん増えちゃう。。。。。
どうしよう~~
う~~~~~嬉しい悩みじゃ~~
→同じくです~v-393
お気に入りで再訪問したい宿もはずせないし、行きたい宿は、たまる一方ののんですv-428
2011/07/30(Sat) 23:43 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
りゆうさ~~ん(*^_^*)
こんばんは~v-280
続けて見に来てくださってありがとうございますv-421

>なんか、寸志の額のことで盛り上がってるみたいですねー(^_^;)
私もつい最近行きましたので、
妥当かどうかは別にして、一例として発表しますが、
私の場合は、お湯から出たあとで、200円を入れてきましたよ(^^ゞ
→相場がわからず、みなさんに投げかけてみましたが、お答えいただいて感謝です~v-435
りゆうさん、料金が決まっている頃の温泉の料金ぴったりですねv-221
そして、入れてから入る事が多いですが、お湯をいただいてから寸志を決めるの良いかもですよねv-363
なるほどって思いましたv-428
ただ、ご一緒の方がいる時は、入れないと勘違いされそうでドキドキかも~v-403

>それから、ロッカーですが、100円の有料でしたよ。
私はそういう時にはいつも、財布と時計と車のキーと携帯、
すべてビニール袋に入れて持ち込むタイプなんですが(^^ゞ
→100円でしたかi-210
教えていただきうれしいですv-392
さっそく追記しますv-295
確かに、有料だとちょっと考えてしまいますよねv-356
のん達は、貴重品は、車が多いですv-448
それも防犯のため、隠しておきますv-422v-410
お金の持ち込みも、料金プラスちょっぴりです(何か飲食できるかもv-271と少し持っていきますi-210

>平湯の湯は、茶笹濁りの湯と言うのですね、
確かにそう言われるとそうかも、ですね。
とっても勉強になりましたー(^_^)/
→恥ずかしい~~v-401
のんが勝手に感じたままに言っただけなんですv-413
でも、笹濁りは聞きますかねv-216
2011/07/31(Sun) 00:32 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
おかーさん(^・^)
こんばんは~ v-280

>足湯 昨年は すぐ右側にあって東屋もなく
手が入れられないほど アッチッチ(^o^)
→少しずつ手直ししているのですねv-363
合掌造りの屋根の葺き替えも見られ、貴重な見学となったかもしれなせんv-222

>この時は お湯も結構な熱さだったので のんちゃん
ちょうど良くって 良かったですね
→GAYOさんの時、男性露天がアチチだったみたいですがv-41、女性露天もアチチの事もあったんですねv-41
のんの時はどちらかというと、長湯出来そうな湯温でしたのでラッキーだったんですね~v-221

「栄太郎」ですね( ..)φメモメモ
お泊りもいいかもですかねv-363
そして、平湯プリンスホテルは、 エメラルドグリーン系の白濁湯ですか~v-352v-48
同じ温泉地でも少しずつ違った湯で、やはり湯めぐりしたくなりますね~v-48
平湯プリンスホテルの貸切湯、行きますv-426v-392
2011/07/31(Sun) 00:47 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
みーさ~~ん(*^。^*)
こんばんは~v-280

充実の夏休みを過ごせたみたいですねv-218

>茅葺屋根の葺き替えは、一度見たことがありますが、職人さんも少なくなっているようで、維持するのも大変なようですね。
→のんもテレビでも見ましたi-77
あの傾斜での特殊作業ですものね~v-356
結構お年の方が作業していらっしゃって、プロには失礼なのでしょうがv-421ドキドキしちゃいましたv-356
たしか経費も小さな家が建つくらいかかるんでしたよね~v-361

>景色といい、泉質といい、とても素晴らしい露天風呂ですね♪
奥飛騨は遠くてなかなか行けないけど、しっかりお気に入りに入れておきま~~す(^_-)-☆
→慣れれば近く感じてきそうなので、みーさんも是非行ってみてくださいv-422v-392
埼玉から、何十回も通ってらっしゃる方がいますから~~v-424v-410
2011/07/31(Sun) 00:58 | URL  | のん #x5xziaQQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。