自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燧(ひうち)の湯
2009年03月20日 (金) | 編集 |
今年初めてのアップです

ホワイトデーは、前から番長が目をつけていた、小豆温泉に、連れて行ってもらいました


スキーをする予定でしたが、朝から雨の予報で、着いた時は、雪になっていましたが、日光湯元、エーデルワイスしか経験がない二人は、高畑の斜度を見てびびり(初心者コースもあるのですがね()今日はやめておこうと言う事になりました


周りは、食事処まで軒並み冬期休業なので本当は宿で温泉三昧となるため予定になかったのですが、急遽、調べて、檜枝岐の掛け流しと言う、燧(ひうち)の湯にGOと言う事になりました。

P3140435.jpg
この看板を曲がって、坂を上った所にある、山小屋風の立派な建物です。


P3140455.jpg
P3140454.jpg


玄関を入ると正面に休憩フロアーがあります。(暗くなってしまいました
マッサージ機もあり、木のぬくもりに包まれて、ぼーっと出来そうです。
残念なのは、食いしん坊の二人が求める、軽食や食事処はありません。
P3140437.jpg




フロントの裏側に、セーフティーボックスも完備です。
P3140453.jpg




そして、休憩所の左右に男女別の浴場があります。
のんは、左の「娘の湯」へ
P3140438.jpg



脱衣所の画像がありませんが、広々としていて、籠式でした。



成分表は,光っちゃたし、全部写ってませんが
P3140452.jpg




いよいよ、内風呂へイン

洗い場もズラーっと並び、さすが公共といった感じです。
P3140442.jpg



微かな硫黄臭
「幸せです
P3140440.jpg



結構な投入量で、捨て湯も、とても広い切り口から掛け流されており、30人は入れると言う(30人では入りたくありません)広い浴槽ですが、これなら快適です
P3140441.jpg



露天風呂です
こちらも、広々としており、綺麗な湯が掛け流しになっていて、気持ちいいです
湯口と出口が見えますね
P3140447.jpg



表示のように、熱い湯で、手ですくえませんが、のんは、飲みましたよ
卵味で、あられ入りのお茶漬けの汁を思い出しました
P3140448.jpg



そして、雪見の絶景
日頃の心の疲れが、一気に吹き飛ぶ感じでした
P3140449.jpg



真下には、清流が
P3140450.jpg



立ち寄ってよかった~
P3140451.jpg



満たされた気分で、外に出て、坂を下ると
なんと、もう一軒燧(ひうち)の湯が
以前、こちらで営業していたのでしょうね
まだ、いけてる建物で、もったいない感じでした。
P3140456.jpg



燧(ひうち)の湯
テーマ:温泉サイコウ!
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。