自然からのプレゼント温泉に魅せられ、いい湯+グルメや城跡を求めて、あっちへこっちへ…                                                                  温泉 グルメ 城跡に限らず、大切な思い出を癒しの宝箱にいーっぱい詰めこんでいきたいと思います。皆さんもお手伝いして下さいね(^^♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
城下町 小幡
2008年05月02日 (金) | 編集 |
万座に向かう途中に寄ってみました。

群馬県甘楽町にある小幡には、今も古い街並みが残り、ちょうど桜吹雪がきれいでした。
P5030742.jpg


歴史民俗資料館は、製糸工場の繭倉庫として建設されたものだったんのですが、昭和62年に町が買い受けたようで、一階には繭関係の展示品もありました。
P5030743.jpg

‘楽山園’は、江戸時代初期、池泉回遊式の庭園として造られ、群馬県内で唯一残っている大名趣向の貴重な遺跡です
京都桂離宮に似た特色を持つと言われ、2000年3月国名勝に指定されました
甘楽・‘楽山園’の歴史を調べてみると、‘楽山園’は1621(元和7)年織田信長の二男信雄が造営したと言われています
甘楽町は、1615年大和国宇陀郡3万石上州小幡2万石が、信雄の子信良が福島の御殿に入り、小幡支配がなされました
P5030748.jpg

ほとんど完成している、復元された長屋です。
P5030750.jpg

食い違い郭は、戦の時の防衛上のためとか、下級武士 が上級武士に出会うのを避けるため隠れたとも言われるそうです。
P5030745.jpg

武家屋敷も何軒か残っています。
こちらは、松浦家です。
P5030751.jpg

最後に織田宗家七代の墓にも行きましたが、写真は控えました。

思ったより、見ごたえがあり、堪能できました。

テーマ:城めぐり
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。